take a short trip 〜 ちょっとお空を飛んできます♪

修行尼&リーマントラベラー。自分スタイルで旅を愉しみながら、JAL修行しています♪

JALのKUL発券北米行でカンクンへ行ってきました!その1 ポジショニングはKULのJW マリオットから。

今年の夏休みはお盆の時期にカンクンへ行ってきました。

世界中の名だたるリゾート地のひとつであるカンクン

興味はありましたが遠いのと旅費が掛かるイメージで手が届かないと思っていました。

しかし今回行っちゃいました😅

f:id:madamecobu:20180908193702j:plain

 ★目次★

 

実は例年なら夏休みはエアー代もそう高くない9月に長期休暇を取ってハワイなんですが、昨年の時点でそれが難しいかなと。

ならば職場の夏期休暇に有休くっつけて行くしかない!でも丁度お盆休みでエアーチケット高い(T . T)

 

KUL発北米行き

そこで思い浮かんだJALのKUL発券北米行き。

お盆ど真ん中にダラスへEクラスで飛んでFOP単価10.02円が出たのでまぁまぁかなと思いまして(2017.11月発券時)

JAL様の日本サイトから同様の日程で発券したらとんでもないお値段になったことでしょう😅

 

日本でチケットが高騰する繁忙期の海外発券は本当に有り難いです🤗

 因みにこの度の積算は

24,486 FOP

44,960マイル(ダイヤモンド+130%のボーナスマイル含む)

(尚、復路はまだ飛んでいません。来年の予定) 

まあ、それだけ長ーいロングフライト、身体には堪えました(^^;)

 

今回のルーティングを簡単にまとめてみました。

要はカンクンへ飛びためには3回旅行しなくてはなりません(;'∀')

これはKUL発券にOKA(那覇)くっつけたパターンと同じでOKAの代わりにDFW(ダラス)まで飛んじゃった、っていう具合です。

f:id:madamecobu:20180909094757p:plain

ピンク色;1回目 先ずKULからスタートします。往路は前回のKUL発券の復路を使用

         (KUL発券のループです)

 

青色;2回目 本命のカンクンを目指します。

DFW(ダラス)からCUN(カンクン)までは別切りでJALの提携先航空会社(アメリカン航空)の特典航空券 

往復一人20000マイル(2017/11時点)で発券。

 

黄色;3回目 そしてKULへ戻らなくてはなりません。(来年の予定)

No-Showは高額なペナルティが課せられますので必須です(^^;)

復路は新たにKUL発券でループするかは現在検討中。

 

以上、4冊の航空券番号で発券することになります。(四角で囲っています)

 

青色部分のNRT-DFW間はJALアメリカン航空(AA)のコードシェアでAA運航便でした。(便名はJL4桁になります)

因みにNRT-DFW間はJAL運航便もありましたが、こちらを選択するとチケット代が高くなるのでやむおえずの選択です。しかし、アメリカン航空のプレエコはなかなかよかったです。その模様はまた後日。

 

因みにその時の運賃ルールを簡単に申し上げると

有効期限:第一区間出発した日から12か月

キャンセル:第一区間出発前ならMYR400

変更:一回MYR300 

出発後に残りの予約変更OK

ストップオーバー:往復各2回 1回につきMYR400

トランスファー:無料で3回まで

 

変更できるところが私には使い勝手がよいのです。

海外発券は長期期間を要するので、手数料が掛かりますが第一区間出発後も日程変更が出来るのは便利です。

今回私はトランファーは一度もせずにストップオーバーは2回(往復のNRTで)しか使っていなかったので、もっと上手く活用すれば面白いルートができたかもしれません。

しかし私もまだまだこの辺の知識が未熟で直行便で行くだけで精一杯でした、最短ではありますが(^^;)

*運賃ルールについては改定もあるので皆様JALさんに必ず確認してください。

 発券はJALのHPよりマレーシアサイトから発券しました。

 

という訳ですがこの度は上の図のピンク色の部分

ポジショニングとしてKUL発券したダラス行きのチケットをスタートさせるために7月にクアラルンプールへ行ってきました。

因みに往路は、前回のKUL発券の復路を使っています。

 

まずはポジショニングでKULへ

恒例の成田鮨を頂きます。

この日は海の日三連休の初日、成田のJALDPラウンジは今までにないほどの混雑ぶり。

お鮨のメニューはヒラメのエンガワにお初のアナゴと太巻き

なんか地味な顔ぶれですが、太巻きが意外に美味しかったです。

偶然にも修行仲間のミスターと出会い、行先は同じKULで乾杯!

しかしミスターは、ちょっと遠回りしてKUL入りされるとのこと。

現地での再会を約束して、各々の搭乗口へ。

f:id:madamecobu:20180908193531j:plain
f:id:madamecobu:20180908193510j:plain

 お席は私はエコノミー(オットはPY、我が家の定番のパターンです)

今回、日程変更したせいもあり窓側の席は取れず真ん中4人席の端っこ、バルクヘッド前を死守。

実はKLIAには、ここ三年毎年来ていますが、いつもトランジットしてどこかの島のリゾートへ飛んでいるので、クアラルンプールの街へ繰り出すのは十数年ぶり。

到着まで買ったばかりのガイドブックで勉強しました。

f:id:madamecobu:20180908193425j:plain
f:id:madamecobu:20180908193545j:plain

 KUL到着後、ラッキーなことに入国審査もほとんど並ばず5分程で通り抜け、KLIAエクスクプレスへ飛び乗り、あっという間にKLセントラル駅到着。

お次はKLセントラルから徒歩で昨年開通したばかりのMRTの駅「MUZIUM NEGARA」に移動。連絡通路があり案内板に従っていけば徒歩10分弱で着きます。

そこからブキッ・ビンタンを目指します。

f:id:madamecobu:20180908193427j:plain
f:id:madamecobu:20180908193350j:plain

 

そして今宵の宿はJW MARRIOT クアラルンプール。

JWマリオットへはMRTのブキッ・ビンタンの駅からも徒歩5分も掛かりませんでした。(下の写真は翌日の昼間に撮ったものです)

今回はSPGポイント⇒マリオットのポイントで宿泊です。(当時15000)

f:id:madamecobu:20180908193515j:plain

フロントでチェックインしようとして、オットがMarriotのGカードを提示すると、

「早く、早く」とせかされ、連れていかれたのはラウンジ。

f:id:madamecobu:20180908193524j:plain
f:id:madamecobu:20180908193414j:plain

当初間に合わないと最初から諦めていたのですが、ギリギリセーフだったようです。

「先ずは食べて、チェックインはそれから」という事でしたが、お腹にたまりそうなオードブルなどは既に売り切れ、かろうじてフィッシュスープみたいなものとデザートを頂きました。

まぁ、ホテル側のその心遣いは十分に嬉しいかったです。

ちゃっちゃと頂き、早速、お部屋にチェックイン。

ルームキーケースを見ると6階のお部屋(^^;)

「28階建で6階はないんじゃないの~マリオットさん」と心の中で思いながらも辿り着いた部屋は、カバナ・ルームと言ってプールサイドに面しているお部屋でした(゚д゚)!

f:id:madamecobu:20180908193447j:plain

一応アップ・グレード頂いたお部屋のようで、カバナ・ルームはこの6階にしかなく全部で9室。そのうちの6室はスイートになるそうで、ある方の投稿を拝見したらバスルームが広いようです。

f:id:madamecobu:20180908193409j:plain
f:id:madamecobu:20180908193539j:plain

f:id:madamecobu:20180908193605j:plain

我が家に部屋は普通のカバナルームでしたがバスルームも十分広々としていました。

バスタブがとっても深いので、寝そべることなく十分に肩までつかることができて旅の疲れも癒されます。

バスタブの対面にレインシャワーもあるので使いやすかったです。

f:id:madamecobu:20180908193504j:plain
f:id:madamecobu:20180908193607j:plain

ソファの向こうに窓からプールサイドが見れるわけですが、日中と夜は始終ゲストがこのプールサイドにいるので、プライバシーを気にして始終閉めっぱなしでした(^^;)

f:id:madamecobu:20180908193453j:plain

翌朝、まだプールサイドには人がいなのを見計らってカーテンを開けてみたところ、

やはり窓からプールが見えるとリゾート感が感じられますね(^^;)

f:id:madamecobu:20180908193422j:plain

眠らない街、ブキッ・ビンタン

ラウンジで少しだけ摘んだ程度でしたので、夕食を取りに繰り出します。

いや〜ネオンが煌びやか、おまけに人が多いこと。

十数年前に来た時とはガラッと変わっていてビックリです。

せっかくなのでアロー街の屋台でご飯をと思ったのですが、南国特有の湿気とドリアンの匂いにノックアウト😅

早々に来た道を戻りました。

f:id:madamecobu:20180908193602j:plain
f:id:madamecobu:20180908193438j:plain

向かった先は無難なpavilion。

冷房もガンガン効いていますからね。

f:id:madamecobu:20180908193536j:plain
f:id:madamecobu:20180908193406j:plain

そして更に無難なマダム•クウォンマレー系のお料理が頂けるお店です。

香辛料&スパイシー&パクチー苦手な我が家が普通に頂けました🤗

f:id:madamecobu:20180908193417j:plain
f:id:madamecobu:20180908193430j:plain
f:id:madamecobu:20180908193534j:plain

そして向かったのはアジアと言えばマッサージ!

こちらのお店は日本人駐在家族にも人気とのこと。

現にお客に日本人が多く見られました。施術の当たり外れがあるようですが、私はビンゴ!45分で2000円ぐらい。連日通ってしまいました。

f:id:madamecobu:20180908193420j:plain

 JWマリオット・クアラルンプールのラウンジの朝食

翌朝は有難くラウンジでの朝食を頂きました。

エッグ・ステーションで頼んだオムレツはボリューミーで美味しかったです。

こちらのラウンジには窓がないのですが、そこそこの広さはあり静かでゆっったりと朝食を取れたので、よかったです。

f:id:madamecobu:20180908193433j:plain
f:id:madamecobu:20180908193358j:plain
f:id:madamecobu:20180908193440j:plain

朝食の後はオットのランニングタイム。

ジムエリアは広く、窓からブキッ・ビンタンの目抜き通りが見渡せます。

f:id:madamecobu:20180908193541j:plain

お隣のリッツ・カールトンで飲茶ランチ

行きの成田でお会いしたミスターの計らいで、リッツ・カールトンの中にあるレストラン「麗苑(リーエン)」でランチタイム。

飲茶&久しぶりに北京ダックを頂いて、これで一人3千円もしないなんてコスパ良いです!お味もグルメのミスターの折り紙つきで、レベル高いです。

(写真以外にもオーダーしています)

再訪決定!デザートの亀ゼリーは不思議な味でした(^^;)

f:id:madamecobu:20180908193444j:plain
f:id:madamecobu:20180908193403j:plain
f:id:madamecobu:20180908193355j:plain
f:id:madamecobu:20180908193559j:plain
f:id:madamecobu:20180908193435j:plain

f:id:madamecobu:20180908193344j:plain

 

いよいよKUL発、ダラス行きスタート!

そして、いよいよカンクンへ向けてスタートです。

海外発券では、この瞬間を迎えられるとホッとします。

ここからは普段の私には贅沢なプレエコです。

プレエコですと「うどんでSKY」が提供されるんですね。鰹だしが身体に沁みます。

f:id:madamecobu:20180908193529j:plain
f:id:madamecobu:20180908193347j:plain

このあと、暫し成田ストップオーバーで日常生活を送り、翌月、カンクンへ飛びました。

その模様は次回に。