take a short trip 〜 ちょっとお空を飛んできます♪

修行尼&リーマントラベラー。自分スタイルで旅を愉しみながら、JAL修行しています♪

JALのKUL発券北米行でカンクンへ行ってきました!その4 イスラ・ムヘーレスへ個人で行ってカリビアン・ブルーを堪能!

24時間掛けてやってきたカンクンですが、さすがに修行尼の私でも身体に堪えたようで、時差ボケもあってか到着してから二日間はホテルのプールサイトで惰眠を貪っていました。

おまけに8月のカンクンはバカンスのシーズンですが、雨季にあたり高温・多湿!

今年の日本列島は酷暑でしたが、カンクンも似たような感じで避暑地ではありませんでしたね。

それでも海沿いなので木陰に入れば心地好い風が吹いてきます。

とにかく日中の活動は暑くて、暑くて、日陰のない野外を歩くのはとても辛かったです(;'∀')

 

到着後2,3日たってやっと活動開始、少し遠出をしてみようか、と海が美しいと聞いたイスラ・ムヘーレスという小島へツアーなどには参加せず自分たちで行ってきました。

何の難しい事もなく簡単安上がり、時間の拘束もないので個人で行って良かったです。

 

f:id:madamecobu:20181001211825j:image

 

イスラ・ムヘーレスはカンクンから4kmの沖合にある南北に細長い小さな島で、生活してる住民もいれば、リゾート地でもあります。

このカリブ海に浮かぶ島は海がとても美しいところで、カンクンからは日帰りで多くの観光客が訪れる名所です。

カンクンのホテル・ゾーンからは三か所の港からフェリーが出ており、手軽に行くことが出来ます。

f:id:madamecobu:20181001211840j:image

 今回、ultramar社のフェリーを利用し運賃はPlaya Tortugasから往復でUS$19でした。

今回のカンクンでは店によっては国の通貨ペソとUSドルの両方が使えますが、現地ツアーやアクティビティの入園料などはUSドル表示のみなどがあったりします。

因みにペソの表記はで$1=7円ぐらい。USドルはUS$、頭にUSが付くか付かないかなので見間違えないように気を付けないといけません。

ほとんどの店でクレジットカードで支払いができますので、ホテルエリアでペソを使うといったらバス賃ぐらいでした。

 

話がそれましたが、今回私たちが乗船したのはPlaya Tortugas(プラヤ・トルトガス)、上の地図でホテルゾーン内で三か所並んでいるいるうちの真ん中の港です。

1時間毎に1便あるようですが時刻表などはフェリー会社Ultramarのサイトに掲載されています。

事前予約もできるようです。

www.ultramarferry.com

因みにスペイン語のPlaya(プラヤ)はビーチ、海岸という意味です。

 

Playa TortugasまではWestin Villasの前から公共のバスで向かいました。

滞在中はこちらのバスに度々お世話になりました。

何せ一乗車12ペソ=80円位又はUS$1、バンバン走っているので待ち時間はほんの数分です。

ただし、都バスのイメージとはかけ離れ、とてもレトロ。

車内は停留場の案内も電光掲示板もなければSTOPブザーすらもありません。

クーラーも効いていないし、運賃もドライバーに手渡し。(お釣りはくれます)

なので、私は事前に行先を地図で確認の上、乗車時にドライバーさんに「ここに行きたいんだけど」と地図上で指差してお願いしていました。

ドライバーさん達は皆親切で、目的地へ着くとちゃんと教えてくれました。

ただ、どのバスも運転がめっちゃ荒いです(-。-;

因みに右の写真の木箱がお金が入っている運賃箱です。


f:id:madamecobu:20181002191115j:image

f:id:madamecobu:20181002190857j:image

ホテルエリアゾーンを走っているバスは行先がR1とR2の2種類ありますが、今回みたいなホテルエリア内の移動でしたら、どちらに乗ってもOKです。

 

Playa TortugasまではWestin Villasから20分弱でした。

事前に予約していた出航時間(9時頃)ギリギリにチェックインしたので港の写真は出航してから撮ったものです。素朴な港ですが、一応コンビニみたいなものがありました。

f:id:madamecobu:20181001221101j:plain

フェリーは綺麗です。一階席は室内で冷房が効いています。

私たちは直射日光半端ないですが、見晴らしいが良い甲板の席を陣取りクルーズ。

夫婦二人共船酔いするので事前に酔い止めを飲んどきましたが、揺れもなく、海風が気持ちよくて快適でした。(日焼け対策は要)

催しものなのかライブがありました。後でチップを回収にきましたが。

30分ほどでイスラ・ムヘーレスへ到着しました。

f:id:madamecobu:20181001220927j:plain
f:id:madamecobu:20181001221103j:plain

港は多方面からきたフェリーの到着も重なり、ゲストと現地ツアーの呼び込みでごった返しています。

早々に抜け出し、港前の道路にでて目にしたのはゴルフカート。

この島では、ゲストはレンタカーでなくゴルフカートを借りて島を巡ります。

先ずはゴルフカートを借りる為にレンタルや探します。

口コミでは港近くの店は高く、港から離れば離れるほど安くなるそう。

2,3年前のブログを拝見すると1日レンタルが600ペソだったそうですが、今は港周辺は900ペソ(゚д゚)!

ちょっと離れたところで800ペソの店を見つけて手を打ちました。それでも結構いい値段ですよね(-。-;

因みに国際免許証は必要なく、日本の免許証をデポジットとして預けて借りれました。(ちょっと不安でしたが返却時にちゃんと返してもらいました)

ハッキリ言って、普通の車の方が運転しやすいです。サイドミラーもウインカーもないですし(^^;)

 しかし、直ぐに慣れて海風を気持ちよく感じながらドライブできます。


f:id:madamecobu:20181001221210j:image

f:id:madamecobu:20181001221213j:image

 

先ずはプンタ・スールという島の最南端の岬を目指します。

途中、民家界隈を迷いながら南へ南へとカートを走らせ、目の前に現れた真っ青な海!

こちらはガラフォン・ナチュラル・リーフ・パークという海洋公園で入場料が取られます。シュノーケルやダイビングなど出来るそうです。

f:id:madamecobu:20181001221639j:image

 

そしてさらに1キロほど進むと目的地プンタ・スールへ到着しました。
f:id:madamecobu:20181001221642j:image

入口には女神イシュチェルの像があります。

イスラ・ムヘーレスは訳すると「女の島」。昔、スペイン人がこの島へ初めて降り立った時にマヤ人によって造られた女神像がいくつもあったことから、そう呼ばれるようになったそうです。

また、プンタ・スールは別名「イグアナの岬」。

名前の通り、至る所にイグアナちゃんたちがチョロチョロしていました。


f:id:madamecobu:20181001221729j:image

f:id:madamecobu:20181001221726j:image

 海を見つめるイグアナ。

結構大きくて、怖い………。


f:id:madamecobu:20181001221825j:image

f:id:madamecobu:20181001221822j:image

 お土産物屋さんや絶景が望めるレストランもあります。

今日のランチはこちらと決めていました。


f:id:madamecobu:20181001221923j:image

f:id:madamecobu:20181001221921j:image

 岬の突端にはマヤ遺跡があり入場料が必要となります。

f:id:madamecobu:20181001222020j:image

 値段を忘れてしまいましたが、そう高くはないので是非行くことをお勧めします。

マヤ遺跡は小さいもので知識のない自分たちにとってはイマイチでしたが、それよりも美しい海の色、カリビアン・ブルーが素晴らしいです!

何枚もの写真を撮りながら、感嘆のため息。

しかし、暑かった💦

余りの暑さに海へドボンしたくなりますが、この辺りで泳いでいる人はいませんでした。

f:id:madamecobu:20181001222144j:image

f:id:madamecobu:20181001222312j:image

暫し、このクレイジーなブルーを堪能した後はランチタイム。

プンタ・スールにある絶景のレストラン「Acantilado」へ。

暑いですが、せっかくなのでテラス席へ。

f:id:madamecobu:20181001222600j:image

早めのランチだったので、ベスポジをゲット。

f:id:madamecobu:20181001222501j:plain

ダイキリの冷たさが身体にしみます💛

時折、気持ち良い風も吹くので美しい海を眺めながら、結構長居してしまいました。


f:id:madamecobu:20181004193120j:image

f:id:madamecobu:20181004193123j:image

 店を出る頃はプンタ・スールの駐車場は混み混み(^^;)

私たちは岬にむかって右側の空き地にカートを停めておいたので、スムーズに脱出成功。

f:id:madamecobu:20181002205715j:image

海を見ながらドライブ、途中お土産物屋さんなんかもあったりします。

何台ものカートが連なり、楽しかったです。


f:id:madamecobu:20181001222737j:image

f:id:madamecobu:20181001222740j:image

f:id:madamecobu:20181001222734j:image

 海もとっても綺麗ですが、時折カンクンと同じで海藻が浮遊しているのが見られました。

f:id:madamecobu:20181002205853j:image

町の中心に近づくとカラフルな民家が並びます。可愛い💛


f:id:madamecobu:20181002205948j:image

f:id:madamecobu:20181002205946j:image

島の中心地は道が狭いし、カートやバイクが突っ込んでくるし、運転しづらかったです💦

おまけに一方通行もあります。

カートの縦列があちらこちらに見られました。

やはりヴァカンスシーズン、平日ですが混んでいます。


f:id:madamecobu:20181002210113j:image

f:id:madamecobu:20181002210110j:image

今度は先ほどのプンタ・スール(南)とは正反対の位置、島の北側にあるプラヤ・ノルテ(北)通称ココ・ビーチへやってきました。

白砂が美しく、波も穏やかなビーチです。
f:id:madamecobu:20181002210150j:image

とにかく暑いので、帰ることにしました。

カートを1日料金で借りましたが、3時間ほどのレンタルでした。

港から近い中心地には可愛いお土産物屋さんやカフェもたくさんあるのですが、立ち寄る気力も無し。

f:id:madamecobu:20181002210255j:image

 タイミング良く出航間近のフェリーに飛び乗りました。

クーラーの効いた室内は満席、甲板の席を陣取りながら暫しライブ鑑賞。

暑い中、ご苦労様の意味も込めてチップをはずみました。


f:id:madamecobu:20181002210353j:image

f:id:madamecobu:20181002210549j:image

 

カンクンへ到着しましたが「んっ?????」

行きとは違う港、カンクン•セントラルに近い「グラン・プエルト」に到着してしまったようです(^^;)


f:id:madamecobu:20181002210652j:image

f:id:madamecobu:20181002210458j:image

港の前の大通りで「はて、どうやって帰ろうか………」と地球の歩き方めくっていたら、タクシーの客引きがしつこかったですが、丁度、R1のバスが来たので「Westin Villasへ行くか?」って聞いたら「行く」とのこと、ラッキー🤞1時間弱掛かりましたが、12ペソで帰ってこれました。

 

イスラ・ムヘーレス、評判以上に美しいカリビアン・ブルーを堪能できました。

カンクンのリゾートエリアとはまた違った雰囲気、素朴でのどかで、ノンビリ、こちらの方が私の思い描いているカリブ海のリゾートそのものでした(笑)

ただ、暑くて、暑くて………。(何度もスイマセン😅)

泳ぐことを目的としていなければ乾季の頃の方が、ゆったりと回れてよいかと思います。

 

次回はマヤ遺跡のことでも。

 

JALのKUL発券北米行でカンクンへ行ってきました!その3 The Westin Lagunamar Ocean Resort villas&Spa,Cancunは立地抜群でした。

 

明日から早10月で今年も残すところ三か月となりました。

今月、シドニーへ飛んでお蔭様でオットは無事にJALのダイアの防衛達成しました。

やはり今年はKUL発券の威力が大きかったです。

私の方は年末飛んでJGP達成の予定です。

結局5年間修行やっちゃいました(苦笑)

いつもながら、日本発券は貯まったマイルをeJALポイントに変えて購入しているのでキャッシュの持ち出しはJGC修行並みでしょうか。

(なのでFクラスの搭乗の夢が叶いません)

来年はもう良いかな~と思っていますが、どうでしょうかね(^^;)

 

前回の続きです。

今回のお宿は The Westin Lagunamar Ocean Resort villas&Spa,Cancunとやたら長い名前ですね(^^;)

こちらはタイムシェア様式で、小さなキッチンのついているスタジオタイプの部屋から、リビングとベットルームが別れているワンベッドタイプ、ツーベットタイプと広めのお部屋になります。

我が家はハワイのWestinのタイムシェアを所有しているのですが、姉妹リゾートということでカンクンのにも泊まることが可能なので思い切って今回来てみました。

こちらはオーナーでなくてもホテルとしてマリオット&SPGのサイトからも予約可能です。

幾分ハワイのタイムシェアに比べるとお部屋のお値段が安いようですね。

カンクンのホテルエリアには The Westin Resort&Spa,Cancunというホテル仕様のものもありますので、ちょっとややこしいですね(^^;)

f:id:madamecobu:20180924200127j:image

★目次★

 立地はとっても便利なところです。

先ずカンクンのリゾートエリアはカリブ海とラグーンに挟まれた細長い部分で、数字の7の形をしています。

このエリアにオン・ザ・ビーチでズラーッと大型タイプのホテルが林立しています。

ホテルのグレードも様々、三食込みのオールインクルーシブのラグジュアリーなホテルなど様々です。

 

The Westin Lagunamar Ocean Resort Villas&Spa,cancun(以後 Westin Villas)はそんなホテルエリアの中央のあたりにあります。

この立地がとても便利でした。目の前には大きなショッピングモール「ラ・イスラ・ショッピング・ヴィレッジ」があります。

最近オープンしたばかりの観覧車が目立つのでバスなので帰ってくる際に目印となりました。

f:id:madamecobu:20180930220852j:image

とっても大きなモールでお土産物屋さん、ブランドショップ、アパレルなど多種のお店が軒を並べます。


f:id:madamecobu:20180930221428j:image

f:id:madamecobu:20180930221424j:image

レストランも幾つかあります。

巷で人気のHOOTERS もありました😅

f:id:madamecobu:20180930221532j:image

また、こちらとは別にWestin villasから徒歩4、5分のところにコンビニやさらにもうちょっと行くと一通りの食料品などが揃うスーパーもありますので、タイムシェアでの自炊も十分に可能です。


f:id:madamecobu:20180930222105j:image

f:id:madamecobu:20180930222108j:image

また、Westin  villasの前には公共のバス停があります。ホテルエリアやセントラルへはこちらのバスで移動できます。

運賃も80円程で私たちも滞在中は何度も利用しました。

f:id:madamecobu:20180930222618j:image

 プールが半端なく大きいです。

さてWestin villas  ですが、とても部屋数が多く広大な敷地を有しています。

f:id:madamecobu:20180924211224j:image

プールもカンクン随一の大きさだそうで、プールサイドもゆったりとしているのでチェア取り合戦は不要でした。

f:id:madamecobu:20180924220353j:image

プールバー、ジャグジーやスライダーもあります。^_^


f:id:madamecobu:20180924220441j:image

f:id:madamecobu:20180924220439j:image

大きなメインプールの他にもう一つプールがあります。キッズはメインプールを好むようで、こちらはいつも静かなの大人の空間でした。

f:id:madamecobu:20180924220534j:image

暫し、マルガリータを舐めつつお昼寝タイム。

f:id:madamecobu:20180924220645j:image

さてプールサイドからビーチへ出てみるとガーーーーん(~_~;)

海藻だらけでした。


f:id:madamecobu:20180930223836j:image

f:id:madamecobu:20180930223834j:image

良くポスターで見るカンクンビーチとはほど遠い…(-。-;

この海藻の山、時期にもよるらしいのですが。

カンクンの行政も美しいビーチを保とうと日に数回、回収作業をしているようです。しかし、私達が滞在した期間は風向きの影響で多量に海藻が押し寄せていたようで朝一回収作業をしても昼にはこの有様。

おまけに始終波が高くて泳ぐという感じではなかったです😢

シュノーケルグッツを持って行きましたが今回一度も使いませんでした。

f:id:madamecobu:20180930224438j:image

しかし海の色は日々違うようで、雲一つ無い快晴の日には美しいカンクンブルーを見せてくれました。(下の写真は海藻を回収した後のようです)

f:id:madamecobu:20180930224906j:image

 部屋はワンベッドルーム

さて、この度のお部屋はオーシャンビューですが、目の前に建物が視界に入るのでイマイチ感あり。

しかし、7階建ての6階だったので良しとしました。

f:id:madamecobu:20180924220833j:image

部屋の造りはハワイのタイムシェアと似たような感じです。

ところどころ、マヤ文明(?)を思わせる調度品が置いてありました。
f:id:madamecobu:20180924220827j:image

キッチンも食器&用具もひととおり揃っているので自炊もバッチできます。
f:id:madamecobu:20180924220830j:image

後片付けは大型のディッシュウォッシャーに突っ込むだけで良いので楽チンです。

結局、朝食は全て自分達で用意しました。

因みに食器用や洗濯用の洗剤、キッチンのスポンジなど新品のものが用意されています。


f:id:madamecobu:20180924221151j:image

f:id:madamecobu:20180924221148j:image

 バスルームもジャグジーでゆったりとしています。

お湯の出も申し分ありません。

洗面ボールも二つ、左側にシャワールームとトイレが個々の別室であります。

写真を撮り忘れましたが、洗濯機&乾燥機もありますので持参する着替えも少なくてすみます。


f:id:madamecobu:20180924221018j:image

f:id:madamecobu:20180924221016j:image

朝食のデザートはラナイで。

パパイヤやマンゴーが安くって美味しかったです。
f:id:madamecobu:20180924221410j:image

 ホテルのサービスは至れり尽くせり

下の写真はロビーです。

とってもシンプルです。

Westin Villasはタイムシェアなので際立ったラグジュアリー感はありませんが、通常オーナー達は一週間滞在するので、ゆったりと過ごせるよう解放感がある設計になっていると思います。

f:id:madamecobu:20180924200131j:plain

 ホテルと同様にひととおりのファシリティは揃っていますので、ホテルスティ同様に過ごせます。

また、プールサイドにはバーベキューコーナーがあり、夜になるとゲストの男性陣が肉焼きに勤しむ姿が見られました。(うちのオットも加わっていました)

ジムも広くて最新設備、私たちも何度か利用しました。


f:id:madamecobu:20180930232241j:image

f:id:madamecobu:20180930232243j:image

 写真にはないのですが、水やドリンクなど買えるグロッサリーストアも入っています。しかし、値段はホテル価格なので近所のコンビニまで足を運んだ方がよさそうです。

 

レストランも3,4か所あったようですが、ほとんど毎朝、部屋で自分で用意していたたり、近所にはレストランもたくさんあるのでホテルの中のは素通りでした(^^;)

 

また、滞在中のアクティヴィティの相談にものってくれるコンシェルジュデスクもあります。ツアー、レストランの予約をしてくれたり、近所の島へ行くフェリーチケットも購入できます。

 

肝心なことを忘れていましたが、Westin Villas内やカンクンのホテルエリアは英語が通じます。

 

滞在してみての感想

今回初めてのカンクン、Westin Villasに滞在したわけですがハワイと同様に素晴らしいものになりました。

カンクンのホテルエリアはメキシコでもずば抜けて治安が安全だそうで、ホテルのスタッフもいつも明るく挨拶してくださり、気持ち良く滞在できました。

ただ、Villas前の海藻だらけのビーチにはガックリしました。

タイムシェアは好みもありますが、我が家にはあっていると思います。

特に、海外ではすぐに米や日本食が恋しくなってしまう我が家には一週間の滞在には自炊スタイルが望ましく、何より経済的にかなり助かります。

また毎日ランニングするオットがいるので洗濯機はなくてはならない代物です。

まぁ奥さんは日常と同様に家事するわけでもありますが、仕事するわけでもなくゆったり、あとは電化製品に任すのみなので私にはストレスにはならないかな。

Westin Villasは特に立地からして初めてカンクンの滞在にはとても適していると思いました。

 

次回は観光についてでもアップさせて頂きます。

 

タイムシェア滞在に関しては過去ログのこちらもどうぞ。

 

cobu.hateblo.jp

 

 

cobu.hateblo.jp

 

 

 

JALのKUL発券北米行でカンクンへ行ってきました!その2 アメリカン航空DFW行きのプレエコを体験!

無事にKUL発をこなし、いよいよカンクンへ出発する事が出来ました。

前回はこちら

 

cobu.hateblo.jp

 

今回はJAL発券ですが、共同運行でアメリカン航空のオペレーションとなります。

なので私達のチケットの便名はJL4桁、マイルもFOPもJAL運行便と何も変わりません。

実はお初のアメリカン航空、そして始めてのプレエコの体験となりました。

f:id:madamecobu:20180922224052j:image

★目次★

成田鮨 今年初のマグロ

お盆休み初日の成田のラウンジは、先月の海の日ほどの混雑はありませんでした。

成田鮨は今年初めての鮪!と蛸🐙

残念ながら中トロではありませんが、天身(赤身)でも、有り難く頂きました。


f:id:madamecobu:20180922224212j:image

f:id:madamecobu:20180922224207j:image

f:id:madamecobu:20180922224210j:image

 アメリカン航空のプレミアム・エコノミー

いよいよアメリカン航空に初搭乗です。

プレエコのバルクヘッド前を押さえました。

昨年のJALの新システム刷新後に予約をしたので、予約の段階でJALのHPで座席指定出来ました。

アメニティもJALに比べると数段良いです。

革張りの広めのシートは腰が痛くなる事はありませんでした。

やはり大柄の外人さん向けでしょうか、シートぼ高さがあるのでチビの私が座ると足がつきません(^^;)

しかし、フットレストに加えて大きめの足置きがあるので、とっても楽チンでした🤗


f:id:madamecobu:20180922233111j:image

f:id:madamecobu:20180922233510j:image

f:id:madamecobu:20180922233247j:image

f:id:madamecobu:20180922233824j:image

前列の為、引き出しタイプのモニターも大きいです。

映画は洋画は日本語の字幕、吹替のものは少ないですが、邦画は旬のもの(結構泣けるヤツ)が数本あり、飛んでいる13時間は退屈しませんでした。

 

因みにアメニティはCOLE・HARNで行きが赤で、帰りが緑。

ポーチもしっかりしていて、後々使えそうです。


f:id:madamecobu:20180924160340j:image

f:id:madamecobu:20180924160343j:image

機内食サービスは陶器のお皿

お食事とドリンクのメニューです。

ノンアルコールは外資系エアラインだけあって見慣れないブランドがあります。

オットはワインを頂きましたが味も悪くなかったそうです。

 


f:id:madamecobu:20180923082515j:image

f:id:madamecobu:20180923082518j:image

 

機内食は日本発の搭乗後の昼食時はチキンを選択してみました。

チャーハンもパラパラしていて中々美味しかったです。

なんとプレエコは料理の盛ったある器がプラスチックではなく、ちゃんとした陶器でした。

f:id:madamecobu:20180923082604j:image

因みに帰路ダラス発はビーフステーキでした。

焼き加減もミディアム・レアで柔らかくって美味しかったです。ただ枝豆はいただけなかったです😅


f:id:madamecobu:20180923223235j:image

f:id:madamecobu:20180923223232j:image

いずれにしてもボリューミーでした。

 

ダラス到着3時間前になると朝焼けが見られます。

f:id:madamecobu:20180924085641j:image

そして朝食タイム。

左は私、定番メニューで無難に美味しく頂きました。

右はオットがチョイスした焼きうどん、日本人の口にあう味付けだったそうきれいに完食。


f:id:madamecobu:20180923082810j:image

f:id:madamecobu:20180923082807j:image

 

シートに関しては満点をあげたくなりますが、やはりサービスはいつものJALさんに比べたら………。

それとトイレですが、プレエコはエコノミーと同じものを使うので、かなり後方まで移動する必要があります。

おまけにトイレが左右に一つずつしかないので時間帯によっては長蛇の列でした(^^;)

 ダラス・フォートワース空港での動線

ダラス・フォートワース空港に到着しました。

外は雨。さすがアメリカン航空の本拠地HUB空港だけあって、AAの機材だらけです。

f:id:madamecobu:20180923082945j:image

カンクンへの乗り継ぎは一度米国へ入国が必要

ダラス空港でカンクン行きへ乗継ます。

この時一度米国に入国となるので出発前にESTAの取得が必須となります。

米国の入国審査は「長蛇の列」というイメージですが、自動化ゲートの使用もあり、スムーズに進み10分もかからなかったです。

但し、他の便と到着が重なるとどうでしょうか??

 

そして次は荷物をピックアップ。

今回私たちの場合はNRTーDFWとDFWーCUNと同じアメリカン航空でも別切りだった為、成田ではDFWーCUNのチケットは貰えても、荷物はDFWまでのタグを付けて貰えず荷物を一度DFWでピックアップ及びチェックインが必要となりました。

この事をNRTのチェックイン時に言われて、未知の空港でもあって焦りましたが実際にはとても簡単でした😅

幸いな事にNRTからの到着も、CUNへの出発も同じDターミナルでした。

ピックアップした荷物は税関を抜けて左に進むとアメリカン航空のトランジットカウンターがあるので、再度そこで荷物のタグを付けて貰い預けます。

その後はエスカレーターで上に上がってセキュリティチェックを受けて出国。この時は20分ほど並びました。

無念、ラウンジはリノベ中

無事にCUNに向けてチェックイン出来たのでお次はアメリカン航空のラウンジを目指します!

が、ターミナルDのラウンジは現在リノベ中でした(日本出発前に分かっていました😭)


f:id:madamecobu:20180923082943j:image

来年には新たにFlagship First Dining たるものもオープンするようですね。

時期尚早、無念でした。。。。。

f:id:madamecobu:20180924093757j:image

DFW Dターミナル広いです。


f:id:madamecobu:20180924095849j:image

f:id:madamecobu:20180924095847j:image

 

そんなところへアメリカン航空のPremium Loungeたるものがありました。

カウンターでは案内がなかったのですが、オットが見つけました。

f:id:madamecobu:20180924095044j:image

とっても広いですが、何となく簡易的な雰囲気😅

冷房がガンガン効いているので上着が必要です。


f:id:madamecobu:20180923083151j:image

f:id:madamecobu:20180923083148j:image

朝食タイムだったので、サラダやサンドイッチといったメニュー。

何げにインスタントの坦々麺風の春雨スープが美味しかった🤗


f:id:madamecobu:20180923083252j:image

f:id:madamecobu:20180923083250j:image

アルコールはバーカウンターでのサービスとなります。

乗継の3時間ありましたが、時間を持て余し2時間ぐらいでよかったかもしれません。

 

カンクン行き、インボラを頂く!

そしてDFW ーCUN行きへ搭乗。

この間はJALのマイルで得た特典航空券ですがY→Cへインボラ頂きました🤗

f:id:madamecobu:20180924100655j:image

とは言っても2、3時間の近距離線。

座席は先ほどのPYと同じようなシート(フットレスト無)ですが、ブランケットがあるのが有難かったです。(機内の冷房効き過ぎ)

 

それとドリンクサービスだけではなくランチも出ました(Yにはないようです)


f:id:madamecobu:20180924101115j:image

f:id:madamecobu:20180924101112j:image

パスタをチョイス。チーズたっぷりのヘビーな代物😅左の空いているお皿には温かいパンがサービスされます。

 

因みに帰路も有難いことにインボラで朝食を頂きました。

(ありがとうございます🤗)

f:id:madamecobu:20180924101429j:image

 

食事頂いていたら、眼下にはカリビアンブルー❤️

f:id:madamecobu:20180924101532j:image

そしてユカタン半島、メキシコへ初上陸です!

それにしても一面ジャングルですね。
f:id:madamecobu:20180924101529j:image

 

空港ーホテル間は現地旅行会社の送迎で

入国審査もラッキーなことに、そんなに時間が掛かりませんでした。

空港からホテルまでは現地の日本人が経営されている旅行会社にお願いしました。

なにせ長旅、安心&安全、楽チンを優先します。

お願いしたのは「マヤンスカイ」さん。

 

www.mayanskycancun.com

貸切送迎ですが、タクシーと変わらぬお値段で良心的です。

帰路も合わせてお願いしましたが時間前にはホテル前に到着して待っていてくれました。

今回お迎えには女性の社長さんも同行くださり、、車の中でホテルまでの20分間現地情報等きめ細かい案内をしてくださいました。

私とは同世代の方と思われますが、とても素敵な方で憧れます!

ドライバーさんの運転もパーフェクト💯

後日、マヤ遺跡のツアーもお願いすることにしました。

 

写真はホテルロード。

カンクンのリゾート地区は道も綺麗に整備されていました。

f:id:madamecobu:20180924101534j:image

 

そして自宅から24時間掛けて到着!

いや〜遠かったです😅

ハワイの倍はありますね。

ここから1週間はタイムシェア、Westin Lagunamar Ocean Rsort Villaへ滞在します。

f:id:madamecobu:20180924102624j:image

さあ、初めてのカンクンでのヴァカンス、どうなることでしょうか????

今回頑張って綴っていきたいと思っておりますで、お付き合いの程よろしくお願い致します🙇‍♀️

 

 

JALのKUL発券北米行でカンクンへ行ってきました!その1 ポジショニングはKULのJW マリオットから。

今年の夏休みはお盆の時期にカンクンへ行ってきました。

世界中の名だたるリゾート地のひとつであるカンクン

興味はありましたが遠いのと旅費が掛かるイメージで手が届かないと思っていました。

しかし今回行っちゃいました😅

f:id:madamecobu:20180908193702j:plain

 ★目次★

 

実は例年なら夏休みはエアー代もそう高くない9月に長期休暇を取ってハワイなんですが、昨年の時点でそれが難しいかなと。

ならば職場の夏期休暇に有休くっつけて行くしかない!でも丁度お盆休みでエアーチケット高い(T . T)

 

KUL発北米行き

そこで思い浮かんだJALのKUL発券北米行き。

お盆ど真ん中にダラスへEクラスで飛んでFOP単価10.02円が出たのでまぁまぁかなと思いまして(2017.11月発券時)

JAL様の日本サイトから同様の日程で発券したらとんでもないお値段になったことでしょう😅

 

日本でチケットが高騰する繁忙期の海外発券は本当に有り難いです🤗

 因みにこの度の積算は

24,486 FOP

44,960マイル(ダイヤモンド+130%のボーナスマイル含む)

(尚、復路はまだ飛んでいません。来年の予定) 

まあ、それだけ長ーいロングフライト、身体には堪えました(^^;)

 

今回のルーティングを簡単にまとめてみました。

要はカンクンへ飛びためには3回旅行しなくてはなりません(;'∀')

これはKUL発券にOKA(那覇)くっつけたパターンと同じでOKAの代わりにDFW(ダラス)まで飛んじゃった、っていう具合です。

f:id:madamecobu:20180909094757p:plain

ピンク色;1回目 先ずKULからスタートします。往路は前回のKUL発券の復路を使用

         (KUL発券のループです)

 

青色;2回目 本命のカンクンを目指します。

DFW(ダラス)からCUN(カンクン)までは別切りでJALの提携先航空会社(アメリカン航空)の特典航空券 

往復一人20000マイル(2017/11時点)で発券。

 

黄色;3回目 そしてKULへ戻らなくてはなりません。(来年の予定)

No-Showは高額なペナルティが課せられますので必須です(^^;)

復路は新たにKUL発券でループするかは現在検討中。

 

以上、4冊の航空券番号で発券することになります。(四角で囲っています)

 

青色部分のNRT-DFW間はJALアメリカン航空(AA)のコードシェアでAA運航便でした。(便名はJL4桁になります)

因みにNRT-DFW間はJAL運航便もありましたが、こちらを選択するとチケット代が高くなるのでやむおえずの選択です。しかし、アメリカン航空のプレエコはなかなかよかったです。その模様はまた後日。

 

因みにその時の運賃ルールを簡単に申し上げると

有効期限:第一区間出発した日から12か月

キャンセル:第一区間出発前ならMYR400

変更:一回MYR300 

出発後に残りの予約変更OK

ストップオーバー:往復各2回 1回につきMYR400

トランスファー:無料で3回まで

 

変更できるところが私には使い勝手がよいのです。

海外発券は長期期間を要するので、手数料が掛かりますが第一区間出発後も日程変更が出来るのは便利です。

今回私はトランファーは一度もせずにストップオーバーは2回(往復のNRTで)しか使っていなかったので、もっと上手く活用すれば面白いルートができたかもしれません。

しかし私もまだまだこの辺の知識が未熟で直行便で行くだけで精一杯でした、最短ではありますが(^^;)

*運賃ルールについては改定もあるので皆様JALさんに必ず確認してください。

 発券はJALのHPよりマレーシアサイトから発券しました。

 

という訳ですがこの度は上の図のピンク色の部分

ポジショニングとしてKUL発券したダラス行きのチケットをスタートさせるために7月にクアラルンプールへ行ってきました。

因みに往路は、前回のKUL発券の復路を使っています。

 

まずはポジショニングでKULへ

恒例の成田鮨を頂きます。

この日は海の日三連休の初日、成田のJALDPラウンジは今までにないほどの混雑ぶり。

お鮨のメニューはヒラメのエンガワにお初のアナゴと太巻き

なんか地味な顔ぶれですが、太巻きが意外に美味しかったです。

偶然にも修行仲間のミスターと出会い、行先は同じKULで乾杯!

しかしミスターは、ちょっと遠回りしてKUL入りされるとのこと。

現地での再会を約束して、各々の搭乗口へ。

f:id:madamecobu:20180908193531j:plain
f:id:madamecobu:20180908193510j:plain

 お席は私はエコノミー(オットはPY、我が家の定番のパターンです)

今回、日程変更したせいもあり窓側の席は取れず真ん中4人席の端っこ、バルクヘッド前を死守。

実はKLIAには、ここ三年毎年来ていますが、いつもトランジットしてどこかの島のリゾートへ飛んでいるので、クアラルンプールの街へ繰り出すのは十数年ぶり。

到着まで買ったばかりのガイドブックで勉強しました。

f:id:madamecobu:20180908193425j:plain
f:id:madamecobu:20180908193545j:plain

 KUL到着後、ラッキーなことに入国審査もほとんど並ばず5分程で通り抜け、KLIAエクスクプレスへ飛び乗り、あっという間にKLセントラル駅到着。

お次はKLセントラルから徒歩で昨年開通したばかりのMRTの駅「MUZIUM NEGARA」に移動。連絡通路があり案内板に従っていけば徒歩10分弱で着きます。

そこからブキッ・ビンタンを目指します。

f:id:madamecobu:20180908193427j:plain
f:id:madamecobu:20180908193350j:plain

 

そして今宵の宿はJW MARRIOT クアラルンプール。

JWマリオットへはMRTのブキッ・ビンタンの駅からも徒歩5分も掛かりませんでした。(下の写真は翌日の昼間に撮ったものです)

今回はSPGポイント⇒マリオットのポイントで宿泊です。(当時15000)

f:id:madamecobu:20180908193515j:plain

フロントでチェックインしようとして、オットがMarriotのGカードを提示すると、

「早く、早く」とせかされ、連れていかれたのはラウンジ。

f:id:madamecobu:20180908193524j:plain
f:id:madamecobu:20180908193414j:plain

当初間に合わないと最初から諦めていたのですが、ギリギリセーフだったようです。

「先ずは食べて、チェックインはそれから」という事でしたが、お腹にたまりそうなオードブルなどは既に売り切れ、かろうじてフィッシュスープみたいなものとデザートを頂きました。

まぁ、ホテル側のその心遣いは十分に嬉しいかったです。

ちゃっちゃと頂き、早速、お部屋にチェックイン。

ルームキーケースを見ると6階のお部屋(^^;)

「28階建で6階はないんじゃないの~マリオットさん」と心の中で思いながらも辿り着いた部屋は、カバナ・ルームと言ってプールサイドに面しているお部屋でした(゚д゚)!

f:id:madamecobu:20180908193447j:plain

一応アップ・グレード頂いたお部屋のようで、カバナ・ルームはこの6階にしかなく全部で9室。そのうちの6室はスイートになるそうで、ある方の投稿を拝見したらバスルームが広いようです。

f:id:madamecobu:20180908193409j:plain
f:id:madamecobu:20180908193539j:plain

f:id:madamecobu:20180908193605j:plain

我が家に部屋は普通のカバナルームでしたがバスルームも十分広々としていました。

バスタブがとっても深いので、寝そべることなく十分に肩までつかることができて旅の疲れも癒されます。

バスタブの対面にレインシャワーもあるので使いやすかったです。

f:id:madamecobu:20180908193504j:plain
f:id:madamecobu:20180908193607j:plain

ソファの向こうに窓からプールサイドが見れるわけですが、日中と夜は始終ゲストがこのプールサイドにいるので、プライバシーを気にして始終閉めっぱなしでした(^^;)

f:id:madamecobu:20180908193453j:plain

翌朝、まだプールサイドには人がいなのを見計らってカーテンを開けてみたところ、

やはり窓からプールが見えるとリゾート感が感じられますね(^^;)

f:id:madamecobu:20180908193422j:plain

眠らない街、ブキッ・ビンタン

ラウンジで少しだけ摘んだ程度でしたので、夕食を取りに繰り出します。

いや〜ネオンが煌びやか、おまけに人が多いこと。

十数年前に来た時とはガラッと変わっていてビックリです。

せっかくなのでアロー街の屋台でご飯をと思ったのですが、南国特有の湿気とドリアンの匂いにノックアウト😅

早々に来た道を戻りました。

f:id:madamecobu:20180908193602j:plain
f:id:madamecobu:20180908193438j:plain

向かった先は無難なpavilion。

冷房もガンガン効いていますからね。

f:id:madamecobu:20180908193536j:plain
f:id:madamecobu:20180908193406j:plain

そして更に無難なマダム•クウォンマレー系のお料理が頂けるお店です。

香辛料&スパイシー&パクチー苦手な我が家が普通に頂けました🤗

f:id:madamecobu:20180908193417j:plain
f:id:madamecobu:20180908193430j:plain
f:id:madamecobu:20180908193534j:plain

そして向かったのはアジアと言えばマッサージ!

こちらのお店は日本人駐在家族にも人気とのこと。

現にお客に日本人が多く見られました。施術の当たり外れがあるようですが、私はビンゴ!45分で2000円ぐらい。連日通ってしまいました。

f:id:madamecobu:20180908193420j:plain

 JWマリオット・クアラルンプールのラウンジの朝食

翌朝は有難くラウンジでの朝食を頂きました。

エッグ・ステーションで頼んだオムレツはボリューミーで美味しかったです。

こちらのラウンジには窓がないのですが、そこそこの広さはあり静かでゆっったりと朝食を取れたので、よかったです。

f:id:madamecobu:20180908193433j:plain
f:id:madamecobu:20180908193358j:plain
f:id:madamecobu:20180908193440j:plain

朝食の後はオットのランニングタイム。

ジムエリアは広く、窓からブキッ・ビンタンの目抜き通りが見渡せます。

f:id:madamecobu:20180908193541j:plain

お隣のリッツ・カールトンで飲茶ランチ

行きの成田でお会いしたミスターの計らいで、リッツ・カールトンの中にあるレストラン「麗苑(リーエン)」でランチタイム。

飲茶&久しぶりに北京ダックを頂いて、これで一人3千円もしないなんてコスパ良いです!お味もグルメのミスターの折り紙つきで、レベル高いです。

(写真以外にもオーダーしています)

再訪決定!デザートの亀ゼリーは不思議な味でした(^^;)

f:id:madamecobu:20180908193444j:plain
f:id:madamecobu:20180908193403j:plain
f:id:madamecobu:20180908193355j:plain
f:id:madamecobu:20180908193559j:plain
f:id:madamecobu:20180908193435j:plain

f:id:madamecobu:20180908193344j:plain

 

いよいよKUL発、ダラス行きスタート!

そして、いよいよカンクンへ向けてスタートです。

海外発券では、この瞬間を迎えられるとホッとします。

ここからは普段の私には贅沢なプレエコです。

プレエコですと「うどんでSKY」が提供されるんですね。鰹だしが身体に沁みます。

f:id:madamecobu:20180908193529j:plain
f:id:madamecobu:20180908193347j:plain

このあと、暫し成田ストップオーバーで日常生活を送り、翌月、カンクンへ飛びました。

その模様は次回に。


JAL先得で初の西表島へ上陸!その3 ニラカナイ西表島に泊まって、美しい星砂の浜でシュノーケリング

充実したカヌーツアーの後、二日目の宿「ニラカナイ西表島」にチェックインしました。

その前の旅の模様は下記をご覧ください。

 

cobu.hateblo.jp

cobu.hateblo.jp

 ★目次★

リゾートホテル、ニラカナイ西表島

 今回も1泊2食プランです。

ニラカナイ西表島西表島一のリゾートホテル、以前いっとき星野リゾートが運営したいたこともあるようです。

今回かなり早く(2月)に予約したのでキャンペーン価格でお得に泊まれました。

f:id:madamecobu:20180901184852j:plain
f:id:madamecobu:20180901184917j:plain

 

今回、高層階のお部屋に宿泊できるプランで最上階の4階にあるスペーリアツインになります。

お部屋は一般的なホテルに比べると広くてゆったりとしています。

ベッドの他にディベットがあり、オットが気に入っていました。

バスルームもトイレとは別室、ユニットでないので使いやすいかったです。

f:id:madamecobu:20180901184919j:plain

f:id:madamecobu:20180901184900j:plain
f:id:madamecobu:20180901184905j:plain

今内の夕食はイリディダでビュッフェです。

品数も多く、お洒落な盛り付けでもありましたが特に特記するようなことはなく。

面白かったのが「泡盛ステーション」というのがあり、確か1200円で3杯飲めるシステム。オットが喜んで呑んでいました。

f:id:madamecobu:20180901184903j:plain
f:id:madamecobu:20180901184910j:plain

それと面白いのが、夕方、ホテルが無料で「やまねこの学校」という西表島の生態系についての講座を開催してくれます。

内容はなかなか面白かったですが、私にとっては昼間の村田自然塾でに説明の復習になりました(笑)

f:id:madamecobu:20180901184848j:plain

ニラカナイ西表島が面しているトウドゥマリの浜は夕日スポット。

この日は最高の夕日を拝むことができました。

f:id:madamecobu:20180901184908j:plain

ホテルの売店も品ぞろえバッチリです。

西表島泡盛、そしてイリオモテヤマネコちゃん1匹、オットが連れて帰ってきました(^^;)

f:id:madamecobu:20180901184914j:plain
f:id:madamecobu:20180901184855j:plain

こんなセンスの良いTシャツも売っていました。

f:id:madamecobu:20180901184857j:plain

翌朝の朝食もビュッフェスタイル。

沖縄料理などメニューも豊富でした。

f:id:madamecobu:20180902170524j:image

チェックアウトは11時でしたが、1時間2000円で延長できるので13時までお部屋をキープしてシュノーケリングへ行きました。

 

星砂の浜でシュノーケリング

ホテルから車で10分もかからない「星砂の浜海岸」へ行ってみました。
ここは波も穏やかで小さいお子さんも安心して遊べるビーチとのことです。

西表島もいよいよ夏本番の到来のようで、空も真っ青、太陽の光の透明度が増していて美しいイリオモテブルーを堪能!

f:id:madamecobu:20180902090203j:plain

f:id:madamecobu:20180902090713j:plain

透明度高い美しいビーチでしたが、干潮にあたってしまいシュノーケリングにはイマイチでした(^^;

たくさん魚がいるわけでもないですが小さいな熱帯魚が所々珊瑚に群がっていました。

f:id:madamecobu:20180902090730j:plain

 

帰りに星砂の浜から車で5分位のところにある「うなり崎展望台」へ行ってみました。

遊歩道もあって良いお散歩コースですが、この日は既に暑すぎてムリ(^^;)

写真を撮って早々に退散しました。

f:id:madamecobu:20180902090741j:plain

f:id:madamecobu:20180902090743j:plain
f:id:madamecobu:20180902090640j:plain

 

星砂の浜周辺の道端には、あちらこちらにマンゴーやパイナップルの無人販売を見かけました。

只今収穫期、パイナップルは小ぶりなものは1個100円から、大きくても400円ぐらいです!品種は桃の香りがするピーチパインが主流のようです。

f:id:madamecobu:20180902090738j:plain
f:id:madamecobu:20180902090645j:plain

我が家は中島海岸近くにある路上販売で購入しました。

その場にあるスーパーのレジ袋に入れて大事に東京まで抱えて持ち帰りました(笑)

マンゴーもパイナップルもとっても甘く美味しく頂きました。

f:id:madamecobu:20180902090716j:plain
f:id:madamecobu:20180902090718j:plain

さあ、帰ります。

一度ホテルに戻って身支度を整えて、名残り惜しいですが帰路につきます。

帰りは石垣空港19時頃の飛行機なので13時にホテルをチェックアウトしました。

快晴の元、大自然の中を気持ちよくドライブ。道中、すれ違う車もめったにありません。本当にのどかなところです。

途中でイリオモテヤマネコの記念像の前で写真撮影、その背後には昨日行ってピナイサーラの滝が見えました。この光景を目にして秘境感があります。

f:id:madamecobu:20180902090659j:plain
f:id:madamecobu:20180902090650j:plain

暫く行くと海外沿いにでて、島影が見えました。パナリ島かな。

f:id:madamecobu:20180902090708j:plain

レンタカーを返してランチでもと思ったら、港周辺の飲食店はどこもランチタイムは13時過ぎに終わってしまうとのこと。

そのまま船で西表島を後にしました。

f:id:madamecobu:20180902090704j:plain
f:id:madamecobu:20180902090710j:plain

短い滞在でしたが、私はこの島がとっても気に入りました。

また来たいと思います。出来れば、さほど暑くない時に海ではなくトレッキングや観光メインで(^^;)

復路は往路とはうってかわって穏やかな波快適なクルージングとなりました。

小浜島、黒島と近づくと海はまたもや美しい青のグラデーションをみせてくれます。

途中、寄港した竹富島からはわんさか観光客が乗ってきました。

この日は平日ですが、竹富島もかなりの繁盛ぶりですね。

f:id:madamecobu:20180902090643j:plain
f:id:madamecobu:20180902090725j:plain

石垣港でちょっと耳寄りな情報

石垣港から空港までは再びカリー観光のバスで向かいます。

港にある石垣港トラベルセンターで空港行きのバスのチケットを購入すると荷物を無料で預かってくれます。

こちらのご厚意に甘えて大きなスーツケースを預けて西表島で取り損ねたランチを食べに行ってきました。

f:id:madamecobu:20180902090733j:plain

また、その隣の西表島観光センターでは、こんな可愛いイリオモテヤマネコのエコバッグが売られていて、思わず買ってしまいました。

f:id:madamecobu:20180902090648j:plain

おまけですが、具志堅さんの銅像のチャンピオンベルトに描かれているのは、石垣島西表島に生息する国の重要天然記念物のカンムリワシで出身の具志堅さんの異名になったそうです。

f:id:madamecobu:20180902090746j:plain


以上、2泊3日の西表島旅行記でした。

正直、2泊では全く足りませんでした( ノД`)シクシク…

西表島はたくさんのアクティビティもあるので夏なら存分身体を動かしてアクティブに過ごせそうです。

夏以外なら遊覧船に乗って観光なんかもよさそうですね。

我が家風で過ごすなら1週間は必要ですね(笑)

海あり、山あり、素晴らしい大自然の中で過ごせる西表島

さすが東洋のガラパゴス、きっと他の日本国内では体験できないようなことがあるところだと思います。

但し、遠い!沖縄本島へ行くのと比べるとかなり遠い(^^;)

それでも、この魅力溢れる島に是非再訪したいと思います!

JAL先得で初の西表島へ上陸!その2 カヌー漕いでピナイサーラの滝を目指す!

西表島二日目、前日雨明け宣言した沖縄地方ですが、少し雲多めの朝を迎えました。

この日はピナイサーラの滝つぼを目指すツアーに参加しました。

ピナイサーラの滝は沖縄県下最大の滝で落差54mあるそうです。

ヒナイ川の上流にあるこの滝に辿り着く為には、ヒナイ川をカヌーで上っていくか、もしくは引き潮の時を狙って干潟を歩いていくかになります。

一般的には皆さん、ツアーに参加してカヌーで目指すようです。

そこで私たちも老体鞭打って、ピナイサーラの滝までカヌーで行ってきました。

★目次★

 

ツアー会社は「村田自然塾」、素晴らしいツアーでした!

今回参加したのツアーは「村田自然塾」の「ピナイサーラの滝半日トレッキングツアー」です。

f:id:madamecobu:20180901191148p:plain

こちらのツアーはネット検索やガイドブックで余り見かけないのですが、ある方のBlogや口コミを見て決めました。

ガイドの村田さんは西表島在住40年以上、あのイリオモテヤマネコの生態の研究にも携わった方で西表島の自然・生態系にとても詳しいお方です。

イリオモテヤマネコにも遭遇したことがあるそうで、村田さんが撮られた写真は専門書でも使われています。

実際、ツアーの道中は本当に面白いお話をしてくださり、とても勉強になりました。

単にカヌー漕いで滝を目指すだけなら他社のツアーはたくさんありますが、ベテランガイドと共に西表島の動植物の生態系を学びたいのであれば、村田さんのツアーが絶対お勧めです。だからといってツアー代金が高いわけでもなく、他のツアーと同じ価格ですから、ある意味とってもお得なツアーだと思います。

ただカヌーなどはちょっと古めですが、転覆することはないのでご安心を。

ツアーの集合場所は上原港で

 ガイドの村田さんと上原港で待ち合わせをしました。

上原港周辺の宿であれば迎えにきてくれるそうです。

私たちはレンタカーなので、上原港に駐車して村田さんの車で移動しました。

(上原港の駐車は無料でした)

因みに今回ツアー参加者は私たちのみ。

プライベートツアーになって、なんとも贅沢。。。
f:id:madamecobu:20180901151702j:image

上原港にイリオモテヤマネコについての案内がありました。
f:id:madamecobu:20180901151741j:image

そして、この時期はマンゴーとパイナップルの収穫の時期。特に上原港近郊は生産農家が多いようで港でも販売されています。
f:id:madamecobu:20180901151738j:image

 

さあ、村田さんの車で上原港の集落から、すぐに山の中へ入っていきます。
f:id:madamecobu:20180901151656j:image

途中たわわに実ったマンゴー畑を通り過ぎました。
f:id:madamecobu:20180901151704j:image

 一旦、村田さんの基地でこの度のツアーの説明をうけ、借りたマリンブーツに履き替えてカヌーの船着き場へ移動します。

f:id:madamecobu:20180901192649j:image

いよいよ出航

村田さん「カヌーの経験はありますか?」

私、元気よく「はいっ」

オット(小声で)「10年前に一度、奄美で………」

村田さん、じゃあ大丈夫ですね、と判断し、そのまま出航しました。

周りは一面、オオハマボウが黄色い花を咲かせて美しいです。

お天気も青空になってきました。
f:id:madamecobu:20180901192646j:image

10年ぶりのカヌーですが、取り敢えずオールで漕けば前に進みますので初心者でも全く問題がないと思います。

蛇行しながらですが、とっても簡単、水面を気持ちよく進んで行きます。

時折、私のオール捌きが見ていられないのか、村田さんの指導が入ります(笑)

私たちの後ろから幾つものツアーの集団がせかせかと追い抜いていきます。

今回は半日ツアーですが、村田さんがツアー開始時私たちがこの後の予定がないのを確認したこともあり、じっくりと周囲のマングローブの説明をしながら、ゆったりと進んでいきます。
f:id:madamecobu:20180901151743j:image

30分もするとお目当てのピナイサーラの滝が見えてきました!

下の写真の奥の方に見える一筋の縦線が滝です。

因みに村田さん、ガイドだけでなくカメラマンも担ってくださり、夫婦のツーショットの写真をたくさん撮ってくださいました。
f:id:madamecobu:20180901184206j:image

 船着き場に到着。

私はカヌーでダイレクトに滝つぼに着くのかと思っていましたが、甘かった(^^;)

ここから山道を20分ほど登っていくのです。

f:id:madamecobu:20180901184420j:image

 カヌーの次はトレッキング

アップダウンもあり、滑ります。

我が家は山登りもやるので無事に通過しましが、小さいお子さんやお年寄りは難しいかな、と。

この道中でも休憩をかねて立ち止まっては、村田さんの自然の生態系の講義を聴講。変わり行く西表島の話なんかも聞けて興味深く伺いました。

f:id:madamecobu:20180901184410j:plain

ピナイサーラの滝へ到着

そして到着しました!

ピナイサーラの滝です。

つい先日まで梅雨の時期だったせいか水の勢いも良く、迫力があります。

この時、気温もぐんぐんと上昇して暑かったのですが、滝の周辺はマイナスイオンいっぱい、気持ち涼しく感じます。

以前は滝下へ修行僧のように滝行が可能だったそうですが、事故があって以来侵入は禁止となってしまったそうです。

また、滝上に行くコースもあり一日ツアーなら可能だそうで、滝上からの絶景がまっているようですよ。

f:id:madamecobu:20180722083512j:plain

 滝つぼのさらなる下であれば泳ぐことは可能です。

今回、私たちは泳ぎませんでしたが(^^;)

f:id:madamecobu:20180901184129j:plain

暫し、滝を見ながら涼んで、また来た道を戻ります。

途中、ハゼどんを見たり、ジェラシックパークにもでてきて板根の樹木サキシマスオオノキを見学。

こんなのを見てしまうと本当に日本国内⁈と不思議な気持ちになります。

さすが東洋のガラパゴス、亜熱帯地域なんですね。

f:id:madamecobu:20180901184423j:plain
f:id:madamecobu:20180901184426j:plain

帰りものんびりとカヌーで下って行きます。

だいぶオール捌きも慣れてきました。

ただ、カヌーの上は日光を遮るものがないのでツライ………。

f:id:madamecobu:20180901203444j:image

 転覆することなく無事に下船しました(笑)

(村田さん曰く、カヌーはめったにひっくり返らないとのこと)

ツアーに参加してみて

本当に楽しかったし、内容の濃いツアーでした。

ただ、暑かったです。滝つぼで泳ぐ目的の人なら良いですが、単にカヌーとトレッキングだけなら夏以外の方が楽かもしれませんね。

実は、こういう冒険チックなことは私たちはハワイの離島で経験しています。

ジャングルをトレッキングしたり、滝つぼに行ったり、異国情緒たっぷり感じていましたが、同じようなことが日本でも出来ることに感心しました。

ここは沖縄本島宮古島石垣島ともまた違った魅力あふれる島です。

イリオモテヤマネコを代表とする西表島独自の固有動植物も興味深いです。

その西表島の魅力を思う存分味わえる村田自然塾のツアーはお薦めです。

 

ツアーの後は今宵の宿「ニラカナイ西表」へチェックインしました。

その模様は次回に。

 

JAL先得で初の西表島へ上陸!沖縄、梅雨明け宣言の日、いざ出航!

皆様 今年の酷暑いかがお過ごしでしょうか。

すっかりご無沙汰をしておりましが、その間4回ほど飛んできました(^^;)

実はこの夏のお盆休みはロングフライトのメキシコ・カンクンまで飛んで稼いでもきました(^^;)

いや~遠かったです。ダラス経由で自宅からホテルまで丸24時間掛かりました。

でも、メキシコ文化やマヤ文明はなかなか興味深いものでしたよ。

カンクンの模様はまた後程綴らせて頂きます。

 

早、二か月も経ってしまいましたが先ずは西表島旅行記についてアップさせて頂きます。

 

今回は先得で取った石垣行きのチケットです。

先得でも十分いいお値段でした(^^;)マイルをeJALポイントに替えて購入。

6月後半に行ってきました。

この時期の沖縄諸島は梅雨明けの頃。

暑さもそれほど厳しくなく、台風の心配もなし、そして夏休み前でホテルも安い!

ということで、毎年この時期を狙って南下しております。

因みに昨年は宮古島でした。

 

cobu.hateblo.jp

 

では今回は初めて西表島へ上陸模様をお伝えします。

目次

 西表島までの道中

早朝6時台の直行便です。いつものことながら、松の間で朝定食を頂きます。

スープが話題になっておりますが、朝は味噌汁派の私です。

当日、クラスJへアップグレード成功しました。

f:id:madamecobu:20180722084038j:plain
f:id:madamecobu:20180831221200j:plain

石垣空港からは石垣港まではバス利用。

羽田から約3時間、ほぼ爆睡。石垣空港から石垣港まではバスで移動します。2社ありますがカリー観光がお勧めです。通常の観光バスタイプなので大きなスーツケースも荷物入れに預けることができます。しかも石垣港まで直通です。

もう1社は通常の乗合の路線バスなので、スーツケースを持って乗れないこともなさそうですが、途中停車して行くので少し余計に時間が掛かるようです。写真はカリー観光のバス。^_^

f:id:madamecobu:20180722084128j:plain
f:id:madamecobu:20180827214936j:plain
f:id:madamecobu:20180827214941j:plain

今回、石垣ー西表島の船のチケットは往復分を事前にネットで予約しておきました。

(ちょっと割引になる)

f:id:madamecobu:20180722084058j:plain
f:id:madamecobu:20180722084106j:plain

港のカウンターでチケットの受け取り及び代金の支払いをします。

こちらのカウンターで荷物も預けられます。

(一個500円)

出航まで時間があるので、こちらにスーツケースを預けて身軽になってランチへ。

その前にお決まりの具志堅さんへご挨拶。

実はこの日は沖縄の終戦記念日、と同時に梅雨明け宣言もありました。

梅雨真っ只中の肌寒い東京から来たばかりで、太陽の眩しさに目が眩みます。

具志堅さんのアップのお写真を載せてみました(笑)

なかなかの男前ですね💛

f:id:madamecobu:20180722084021j:plain

絶品の八重山そば「ゆうくぬみ」

さてランチは八重山そばを求めてユーグレナモールの近くにある「ゆうくぬみ」さんへ。

こんじんまりしたお店で危うく通り過ぎてしまいそうでした(^^;)

女将さんが1人で賄っているようで、席数も少ない小さなお店ですが風情があります。レトロな感じの店内はオープンと同時に満席になっていました。

お客さんは地元の女子グループのようで人気店のようです。

f:id:madamecobu:20180722084125j:plain
f:id:madamecobu:20180722084102j:plain

お待ちかねの「ソーキそば」と「黒蜜のぜんざい」!

鰹だしの効いたおそば、最高に美味しかったです!ぜんざいも満足!

f:id:madamecobu:20180722084110j:plain
f:id:madamecobu:20180722084029j:plain

食後にユーグレナモールのお土産屋さんを覗いてみたいりしました。

高級泡盛「泡波」オットが悩んでいましたが、ここは我慢だとか、今回は見送り(^^;)

f:id:madamecobu:20180722084044j:plain
f:id:madamecobu:20180722084016j:plain

そして酔い止め飲んでいざ出航。

実はオットも私も船はめっぽう弱いものでして(^^;)(過去にツライ経験が何度もあり)

私が勝手に西表島行きを決定した時は、オットはかなりの拒絶反応をしめしていました。(最終的には動物好きなところを付いてイリオモテヤマネコで釣りました)

そんな心配しながらの船旅でしたが船内は冷房がガンガン効いていて快適、スーツケースも入口のところでちゃんと預かってくれます。

f:id:madamecobu:20180827201129j:plain
f:id:madamecobu:20180722084115j:plain
f:id:madamecobu:20180722084159j:plain

 

出航したばかりの時は「海綺麗だな~」なんて余裕でしたが(写真右)、そのうち上下にボンボン揺れるジェットコースター状態(写真左)

この日は梅雨明けしたと言えども、まだ梅雨前線が近くにいたようで海は荒れていたようです。

オットは朝早かったせいもあり、ひたすら寝ていました。

酔い止めのお蔭でなんとか無事に西表島へ辿り付きました。

f:id:madamecobu:20180722084025j:plain
f:id:madamecobu:20180722084155j:plain

大原港からはレンタカー、西表の大自然を実感!

実は西表島沖縄本島の次に大きな島で、港も二か所あります。

f:id:madamecobu:20180827214403p:plain

http://www.iriomotejima.net/access.php

西表島ねっと」さんからお借りしてきました。

 ホテルや観光スポットが多いのは北にある上原港近郊ですが石垣からだと外洋に出るので波が高くて揺れるという話を聞いて、比較的穏やかな航路の南の大原港を選んでみました。

しかし十分揺れました(^^;)因みに帰路は揺れは皆無で快適にクルージング。

(夏場は上原港も比較的穏やかだそうですが、冬場は風の向きでは欠航もあるそうです。)

f:id:madamecobu:20180722084140j:plain

大原港からすぐのORIXレンタカーで車を借りてまず向かった先は目の前にあるスーパー。

因みに西表島にはセブンイレブン等のコンビニはなく個人商店のみ。しかも港近辺にだけです。

大原港近くの玉盛スーパーさんは泡盛のラインナップは素晴らしかったです。

泡盛や食品だけでなく一通りの日用品も買えます。

f:id:madamecobu:20180722084144j:plain
f:id:madamecobu:20180722084147j:plain

ビールなどお酒を買い込んで宿へと向かいます。

 

通常の観光客の方々は石垣から日帰りのツアーや、西表島で宿泊の場合も上原港に入って、港からホテルの送迎で済まされる方が多いかと思います。

今回、我が家は西表島でレンタカーを借りたわけですが、これがとっても良かったです!

大原港から上原港方面へと向かいましたが、その間のドライブ・ルートが緑が生い茂りとても気持ち良かった~!集落などない自然の中を駆け抜けます。

f:id:madamecobu:20180827205206j:plain

ちょっとハワイのカウアイ島に似ている感じです。

美しい海と濃い緑の山々、本当にガーデンアイランドです。

そして途中頻繁に見られるのが「イリオモテヤマネコに注意」の看板。

f:id:madamecobu:20180827205202j:plain

国の特別天然記念物であるイリオモテヤマネコ。 その生息している数は少なくや夜行性でもあるので島民のほとんどの方が見たことがないそうですが、稀に悲しい交通事故があるそうです。

私も上陸当初は冷や冷やしながら時速40キロで車を走らせましたが、確かにイリオモテヤマネコではなくても国の天然記念物のセマルハコガメ(多分(^^;))が道路横断中に出くわしました。(写真撮り忘れちゃった)

しかし、そんな私たちを地元の方と見られる軽自動車が80キロぐらいで追い抜いていかれましたが(^^;)

 一泊目のお宿は食事が美味しかったエコビレッジ西表

今回、西表島には2泊したのですが、一泊ごとにお宿を変えてみました。

一泊目は「エコビレッジ西表」。

大原港と上原港の中間地点にあり、オンザビーチのロケーションです。

ヴィラタイプのお部屋お部屋中心の部屋数も20にみたないこじんまりしたリゾートです。

今回はヴィラタイプの2階の部屋に泊まったのですが、広々としていて快適でした。

 部屋からはプール越しに海が望めます。

f:id:madamecobu:20180722084135j:plain

f:id:madamecobu:20180722084119j:plain
f:id:madamecobu:20180722084033j:plain
f:id:madamecobu:20180722084013j:plain

天井もとっても高くて、開放的な作りです。

f:id:madamecobu:20180722084151j:plain

そして何より、ご飯が美味しいのです。

1泊2食のプランだったのですが、お手頃価格なのに伊勢エビや石垣牛のハンバーグが頂けます。

実は二日目はニラカナイ西表に泊まったのですが、食事を含めこちらのホテルの方が良かったです。

f:id:madamecobu:20180827232111j:plain
f:id:madamecobu:20180827232116j:plain
f:id:madamecobu:20180827232121j:plain
f:id:madamecobu:20180827232128j:plain

 

二日目の朝、エコビレッジ西表は東に面しているので美しい朝日を拝むことができます。
f:id:madamecobu:20180831220930j:image

そして朝食も美味しく頂きました。
f:id:madamecobu:20180831220926j:image

 

夕暮れの中島ビーチへシュノーケリング

一日目、宿到着後に一休みしてから、ドライブがてらシュノーケリングでお薦めな中島ビーチへ行ってみました。

上原港のすぐそばのビーチで宿から30分ぐらいのところです。

夕方5時を回っていたせいか人が全くいません。しかし、夏至の頃でもあり、まだまだ日は高いです。

この時期、海の水は温かくて苦になりません。

二か月前の宮古での冷たさが嘘のようです。

シュノーケルポイントのドロップオフまでかなり泳ぎますが、ポイントは中々面白い地形でした。ウツボなんかにも出くわし、一瞬冷っともしましたが(^^;)

珊瑚や熱帯魚はやはり宮古島の方が上ですね。

f:id:madamecobu:20180831221156j:plain
f:id:madamecobu:20180831221205j:plain

 

本日はここまでとさせて頂きます。

翌日はピナイサーラの滝へカヌーツーリングで行った模様を。。。。