take a short trip 〜 ちょっとお空を飛んできます♪

自分スタイルで旅を愉しみながら、JAL修行しています♪

初めてのドンムアン空港(国内線)は良かった!今後、更なる遠くへ!飛びたくなりそうです。

今回、バンコクからプーケットの移動は往路はエア・アジアを使いました。

実は、初めてのLCC体験(^^;)

皆さまご存知の通り、エア・アジアの発着はスワンナプーム空港でなくドンムアン空港となり、これまた初めての体験となりました⁉

 

ドンムアン空港は以前、アジアのハブ空港として利用されていましたが2006年にスワンナプーム空港の開港するとその座を受渡し、後は閑散とした時期もあったそうです。

しかし近年のLCCの発展と共に新しく生まれ変わり現在はスワンナプーム空港に負けないぐらいの活気を取り戻しているようです。

今回国内線ターミナルを利用したのですが綺麗で明るく居心地の良い空港でしたので、今後チケットプライスによっては充分利用したいと思える空港でした💮

 年末年始はアジア圏内のチケットは高騰

実は昨年の今頃、「年末年始はルアンパバーンに行こう」と思って先ずはJALバンコク行きを発券しました。

その後に別切で主要提携パートナー(MITA)のバンコク・エアウェイズでバンコクからルアンパバーンのチケットを発券しようと思ったのですが年末年始のせいもあって信じられないくらい高くて断念( ノД`)シクシク…

 

ならばJALのマイルを使ってバンコク・エアウェイズの特典航空券で行こう!と試みたのですが年末年始の日程が対象外のようでした。

因みにタイ航空のチケットの方が若干安い程度でした。

実はこの時、LCCなどの搭乗経験がなくって全く頭になかったのです。

 

年末年始は暖かいところでのんびりとしたかったんですよね。

ルアンパバーンが駄目なら、アジアン・リゾートだ~!とプーケット、クラビ、トランetc……はどうだ!!!!って調べたら、やはりチケットはどこも高いΣ(゚д゚lll)ガーン

アジア圏内のチケットも年末年始半端なく高騰することを、あらためて学びました。

 

もうあきらめモードで、「バンコク、オンリー!」ということに。

しかし、そこへ友人からとってもお得なプーケットのマリオット マイカオビーチのお話を頂き、「何がなんでもプーケットへ行くぞ~」という意気込みでエア・アジアへと辿りついたわけです。

 

cobu.hateblo.jp

 

秋に予約したのですが年末真っ只中出発のエア・アジア往路のチケット代は大人1人、受託荷物や機内食込みのパッケージをつけて11000円でした。

因みにバンコクエアウェイズだとこの2倍以上でしたので、不安やなんやと言ってる場合でない!とエア・アジアをポチっと(^^;;

 

バンコクも初めて、LCCも初めて、ドンムアン空港も初めて…と初めて尽くしで不安だらけでしたが、どれもとてもGOODでした👍

今後、LCCも東南アジア圏内の移動ぐらいでしたら是非利用したいと思いました^_^

 

バンコク市内からドンムアン空港へはタクシーを利用

今回、宿泊したノボテル・プルンチットからタクシーを利用しました。(Uberの経験無なものでして(^^;))

タクシーはホテルのクラブラウンジでお願いしたのですが、乗車時に「いくらで行ける?」と聞いたら、値段表みたいなものを見せて高速代込みで「900バーツ」とのこと。

相場も分からず言われるがまま出発、勿論メーターも倒さずに(^^;;

タクシー苦手の我が家、もうまな板の鯉状態です💦

早朝だからでしょうか渋滞もなく、順調に高速道路を飛ばして30分もかからず到着しました。

快適、楽チンでした。

 

因みにドンムアン空港へとつながる高速道路は宿泊したホテル ノボテル・プルンチット部屋から見えます。時折チェックしていたところ目立った渋滞は見られませんでした。

特に早朝時はガラガラでした。

f:id:madamecobu:20180310091804j:image

ただ、ノボテル・プルンチットから直ぐに高速へ乗れるわけではなく、一般道をサイアムの方からぐるっと回って暫く行ったところから高速に入りました。

早朝(am8時前)だったので、一般道も空いていましたが、日中のノボテルの前の道はすごい渋滞ですので朝のうちの出発して正解だったと思います。

 

タクシー以外にもバスなど公共の交通機関を利用した行き方もあり、もっと安く済ますこともできるようです。しかし、時間も掛りそう(^^;;

 

それとスワンナプーム空港から乗り継ぐ場合は、乗継便のEチケットがあれば無料のシャトルバスが利用できるそうです。

但し、順調に行って1時間は掛かるようで渋滞にはまれば………。

 

またドンムアン空港向かう高速道路の脇には高架鉄道を建設中のようで既に駅らしきものが出来ているところもありました。

開通すれば渋滞の心配もなくなりかなりの利用価値が上がります。待ち遠しいです。

 

ドンムアン空港国際線ターミナルと国内線ターミナルがあります。

このことを知らなかった我が家。

タクシーの運ちゃんが勝手に降ろしたのは国際線ターミナルでした💦

年末年始のせいでしょうか、人で溢れかえっている状態に一瞬、唖然。

係員らしき方に聞いたら、国内線ターミナルは隣のとのこと。

f:id:madamecobu:20180226222932j:plain

徒歩数分でした。

綺麗で明るいドンムアン空港の国内線ターミナル

f:id:madamecobu:20180226223031j:plain

年末年始ですが国内線ターミナルは、国際線のほど混んでいませんでした。

f:id:madamecobu:20180226223409j:plain
f:id:madamecobu:20180226222731j:plain

因みにエア・アジアのチェックインカウンターはEXIT9です。

先ずはセルフチェックインしてバッケージタグをプリントアウトします。

しかし、何故か予約番号を入れてもエラー( ノД`)シクシク…

 f:id:madamecobu:20180226222346j:image

バッケージタグをつけた荷物はお隣のドロップカウンターへ預けます。

カウンターで「タグが出てこないよ~」と伝えたら、対応してくれて無事にチェックイン完了。

f:id:madamecobu:20180226222546j:image

ラウンジに入れるわけでもないので、チェックインカウンターの2階へ上がってみました。

清潔そうなフードコートがあり、料理のジャンルも色々とあるようです。

f:id:madamecobu:20180226223729j:image

ドナルドのサワディカバージョン。

f:id:madamecobu:20180226223629j:plain

ラウンジもありましたがプライオリティパスはもっておらず。

f:id:madamecobu:20180226223237j:plain

トランジットホテルのようなものもありました。

深夜到着時に使えそうです。

f:id:madamecobu:20180226223528j:plain

制限エリア内に入っていきます。

セキュリティチェックもブースが多数あるので、待ち時間は短かったです。

解放感抜群、とっても明るいです。

お店もそこそこあるので退屈しません。

f:id:madamecobu:20180226223821j:plain

20年ぐらい前に(^^;)スッチーさん(CA)が日本の巷でブームを起こしたリボンバッグのNaRaYaのお店もあります。

f:id:madamecobu:20180311184811j:plain

トイレもきれいでした◎

f:id:madamecobu:20180311184855j:plain

ゲート前の待合室も広々としていて椅子もたくさんあります。

但し、冷房が効きすぎています。

欧米人の方々でさえダウンを着こんできました。冷房対策が必須です。

f:id:madamecobu:20180311184958j:image

滑走路も間近にあり眺めていてあきません。(LCCのオンパレード)

f:id:madamecobu:20180311185149j:plain
f:id:madamecobu:20180311185307j:plain

いよいよ搭乗。

シートは小肉中背のオットが座るとこんな感じですが、もっと体格の良い欧米人の方々も多く乗っていました。

1時間ちょっとの飛行でしたら、何の問題もなしです。

f:id:madamecobu:20180311185351j:plain
f:id:madamecobu:20180311193315j:plain

機内フードのメニューです。

バンコクの物価からすると高いですね。でも、ラザニアとか美味しそうです。

f:id:madamecobu:20180311185509j:plain
f:id:madamecobu:20180311193352j:plain

今回選択したパーッケージに機内食が付いていたのですが、メニューはお任せの一品のみで選択不可(^^;)

ココナッツカレーでしたが、ちゃんと温かいです。お水はついていました。

オットは「悪くないよ(誉め言葉的)」と完食していましが、私には辛すぎました( ノД`)シクシクf:id:madamecobu:20180311193424j:image

今後の選択肢に!

初めてのドンムアン空港、初めてのエア・アジア。

チケット発券時は色々と不安もありましたが、そこそこ快適な空の旅となりました。

それに初体験!でもあり、このワクワク感がなかなか楽しかったです。

注意する点は、やはりバンコク市内からドンムアン空港までの移動だと思います。

渋滞を考慮したスケジューリングが大事ですね。

 

こちらは機内誌の1ページから。

バンコク、クアラルンプール国内は多方面で飛んでいますので、機会がありましたらまた利用してみたいと思います。

クラビやトランなんて惹かれてしまいます(〃▽〃)ポッ

f:id:madamecobu:20180311193511j:image

 クアラルンプール発券もしているので日程が許されるのなら、LCCで経費節減をしてさらに遠くへ飛ぶのも面白いかな、と思っています。