take a short trip 〜 ちょっとお空を飛んできます♪

自分スタイルで旅を愉しみながら、JAL修行しています♪

JALメルボルン就航線 タラマリン空港カンタス航空のファーストラウンジとスカイスイート

2泊4日間のメルボルン、最後にお楽しみがもう一つ💛

タラマリン空港のカンタス航空のファーストクラスラウンジです。

2年前にも一度利用した際に素晴らしいラウンジでしたので、この度の再訪を楽しみにしておりました。 

ところがJAL指定ラウンジはこちらではなくMarhaba(マルハバ)ラウンジとのこと⁈

どうやらメルボルン発成田行きの便の出発時間が日付の変わったAM0:30分に対して、カンタスのファーストクラスラウンジのオープン時間はPM11:00までということでマルハバラウンジになった経緯があるそうです。 

しかし、我が家はOWエメラルドスティタスの恩恵にあやかり、カンタスのファーストラウンジを利用させて頂きました。

★目次★

 カンタス航空のファーストクラスラウンジのチェックインまでの行程

ファーストラウンジを利用する際クローズPM11:00にあわせて以下の行程で遂行しました(笑)

20:30 サザンクロス駅発 スカイバスにてタラマリン空港へ

やはりスカイバスは安心・安全です。

大人片道AU$19になります。

因みにメルボルンマラソン完走パーティー会場(フリンダースストリート駅前)からスカイバスが発着するサザンクロス駅までスーツケース引きずって徒歩15分位でした。

コリンズストリートをまっすぐ行くだけです。トラムを利用しても良いですね。

f:id:madamecobu:20171104185426j:image

21:00 タラマリン空港到着、JALチェックインカウター「M」へ

ターミナル2のMカウンターへ。既に短いですが列ができていました。

21:30 チェックイン手続き開始・完了

「ダイヤモンド・プレミアム会員用」レーンから一番のりでチェックイン。

出国もエキスプレスパスを頂いて、ファストレーンからスムーズに。

22:00前 カンタス航空ファーストラウンジチェックイン

入室時受付で「クローズは23:00になりますのでご了承ください」と丁重にご案内を頂きました。

23:00 退出

なんと奇跡のインボラを頂く!

チェックインカウンター担当はカンタス空港の社員さんのようで、勿論英語でのやり取りです。

GS「お席が離れていますけどお隣同士にしますか?」

オット「いいえ、結構です。(だって予約クラスが違うんですからね(^^;;」

因みに予約クラスはオットはCで私がY(しかもQクラス)

その後に渡されたチケットなんとC”の文字が2枚!!!!

f:id:madamecobu:20171104185016j:image

私、JGP4年目にして長距離路線で初めて頂いたインボラです。

因みに過去の履歴は中国と韓国の2回のみです。

初めてJALの上級会員になった時は「インボラあるのかな~」と淡い夢を抱いていたのですが現実にはそんなことはなく、今は「インボラなんてあるわけないよね~」という心づもりで毎回搭乗しています。

しかし、来るときは来るのですね♪

ただ、他の方のブログを拝見してみるとNoスティタスの方がインボラされていたり、これには様々な要素が相絡まって巡ってくるだな~と思っています。

今回はまさにミラクル🌈とにかく嬉しくって、JALさんに感謝、感謝です💛

いざカンタス航空のファーストクラスラウンジへ!

f:id:madamecobu:20171104171155j:plain
f:id:madamecobu:20171104171342j:plain
Gate9,11の側にあるエスカレーターで上がって3階になります。

シャワールームにがっかり…。

チェックインしてみると与えられた時間は1時間ちょっと💦

先ずは私はサッパリしたのでシャワーをお借りしました。

ファーストラウンジのシャワールーム、さぞかしラグジュアリーだろうとワクワクして入ってみると……。

がーーーーーーーん( ノД`)シクシク…

JALの成田のファーストラウンジのシャワールームが★★★★★ならば

カンタスのは★★★★★というところでしょうか。

写真を掲載するのも気がのらないので省略させて頂きます。

期待しすぎた私が甘かった(-_-;)

身体を清められただけでもありがたいと思わなければ。

いざダイニングタイム!

一応シャワーでさっぱりした後、いそいそとダイニングスペースへと向かいます。

結構混みあっていますが、テーブルにちょこんと座っているオットを見つけました。

f:id:madamecobu:20171104171320j:plain

f:id:madamecobu:20171104170935j:plain
f:id:madamecobu:20171104171250j:plain
先ずはメニューをみながら、ヤラバレーのロゼのスパークリングを。

All Day Dainingのメニューになり、アペタイザー、メイン、デザート其々3,4種選択肢がありました。

メインはバーガー、サンドイッチやヌードルなど、どちらかというとライトミール的なものですね。

f:id:madamecobu:20171104171501j:plain
f:id:madamecobu:20171104171525j:plain
左:バーガー 右:アジアン風味付けのパスタ(うどん?)

オットのチョイスしたバーガーをオーダーしている人が多かったようです。

こちらの写真ではお肉の部分がハッキリと写っていないのが残念ですが、厚みあるジューシーなものでオット「メルボルンの街中で食べたらAU$20以上はしそうだな」と主婦みたいなことを言いながらほおばっていました。

私はパーティーの食事でお腹の空き具合がイマイチなので、前菜抜きで軽めのをチョイス、醤油ベースの味付けのヌードルで焼うどんぽいもの、お味はまぁまぁでした。

f:id:madamecobu:20171104171740j:plain
f:id:madamecobu:20171104171601j:plain
左 前菜のイカのフライ 右 デザートのフルーツの盛合わせ

オットは前菜にイカという文字に惹かれてオーダーしたらフライで出てきました。

揚げ物苦手なオットですが、意外とカラッと揚っていたのか完食していました。

そして、デザートは二人とも季節のフルーツの盛合わせを頂きました。

写真は一人前です。

アルコールの種類も豊富なので時間があれば、もっと楽しみたかったですね。

f:id:madamecobu:20171104171823j:plain

足元は駐機場なので機体がすぐそこにあります。
f:id:madamecobu:20171104171843j:plain
f:id:madamecobu:20171104171906j:plain
夜だと外の景色もイマイチ…。

以前と変わりなくモダン&シックなラウンジです。

しかし、今回夜の利用でしたので窓からの景色を堪能することが出来ずちょっと残念でした。

それに利用者が多くて写真もしっかりと撮れませんでした。

2年前に利用したのは午前中でしたので、大きな窓から燦燦と日の光がはいり開放的でとても気持ち良かったです。

その時の写真になりますが、やはりこちらのラウンジは日中がお勧めです。

f:id:madamecobu:20171104172146j:plain
f:id:madamecobu:20171104172321j:plain
f:id:madamecobu:20171104172406j:plain
f:id:madamecobu:20171104172604j:plain
朝食メニューでした。

ファーストクラスラウンジのお向いはマルハバラウンジ

f:id:madamecobu:20171104171951j:plain

カンタスのファーストクラスラウンジをPM11時に退散した後は、お向かいにあるJAL指定のマルハバラウンジへ移動しました。

以前エミレーツ航空がラウンジとして利用していたところだったそうですが、カンタスのと同様大きな窓があり開放感あるラウンジです。

ゲストの殆どJAL便利用者だと思われますが、結構混んでいました。

ミールは既にお腹いっぱいでしたので頂きませんでしたが、汁物のヌードルがあったり、バリスタのいるカフェカウンターがあったりと充実しているようです。

 B787 JAL SKY SUITE搭乗

私にとっては昨年のシドニー便以来の一年半ぶりの長距離路線ビジネスクラスです!(その時はマイルでアップグレード)

カウンターで渡されたチケットの座席番号はオットと離れた席でそれはそれでよかったのですが、CAの方が夫婦で搭乗していることをちゃんと把握されたいたようで「ご主人様のお隣が空いていますが、如何なされますか?」と声をかけてくださいました。

「結構です」とも言えず、「それではお願いいたします」という事でオットの隣に移動。

窓側から通路側になってしまいましたが、オットは嬉しそうなので良しとしました"(-""-)"

f:id:madamecobu:20171104172018j:plain

窓側がオット、通路側が私。

折角のB787 スカイスイート、楽しまなくては!と思いつつ、シートベルト着用サインが消えた瞬間、物凄い睡魔が襲われドリンクを頂く前にCAさんにマットレスを引いてもらって速攻就寝。

窓側のオットはフルマラソン走った晩にもかかわらず元気、泡とお休み前のお食事、焼き鳥みたいなものを頂きながら映画一本見てから寝たそうです。

f:id:madamecobu:20171104200759j:image

さすがフルフラット気持ちよく寝ていましたが、後ろの方のイビキで夜中に目が覚めてしまいました。

同時に空腹感も感じたので、往路オットが絶賛していた味噌ラーメンを頂きました。

インスタントラーメンですが、陶器の器に入っていて麺も十分な量でお腹いっぱいになりました。

周囲の皆さんの寝息を聞きながら暗闇で頂くラーメン。

私自身も安眠のお邪魔をしてはならぬと読書灯も付けず、麺をすする音も極力立てないよう務めながら頂きました。

f:id:madamecobu:20171104200850j:image

 ラーメンをしっかり頂いたので朝食は残すことに……。

f:id:madamecobu:20171104201106j:plain
f:id:madamecobu:20171104201131j:plain
和食にしました。

今回は有難くインボラを頂き確かにフルフラットで横になれたので身体がとっても楽でした。

しかし、ほとんどの時間は就寝でそれとラーメンで終わってしまいました。

やはりビジネスクラス本来のサービスを楽しむのであればディフライトの方が良いですね。

次回は往復自力でビジネスクラスに乗れるよう頑張ります!

旅の手帳 

旅の手帳ってご存知でしょうか?

私もある方のブログを拝見して初めて知ったのですが、ビジネスクラスのミニバー(ギャレー)に「ご自由にどうぞ」という具合にちょっとした小菓子が置かれていて、その横に一冊の手帳が置かれています。。

f:id:madamecobu:20171104210834j:plain

心温まるメッセージが書かれた旅の手帳

そちらが「旅の手帳」と言って、今年になってパイロットの方が始めらたものです。

パイロットの方は乗客と接点の少ないので手帳を通して一緒に旅の思い出作りが出来れば、とこちらの手帳を用意されたそうです。

キャプテンの温かいメッセージが書かれていて、私たち乗客も好きなように書き込むことが出来ます。(但し、個人情報はNGなど注意書きもあります)

実は夜中にトイレに行く際に見つけて、朝になったら私も一筆書かせて頂こうと思ったのですが、すっかり忘れてしまいました"(-""-)"

パイロットの方々も乗客からのメッセージを楽しみにしらっしゃるそうです。

旅の手帳は全便というわけでなく、月によっても用意されている便も変わるそうです。

やはり搭乗時間がそれなりにある中距離以上の路線になるそうですが、見つけた時には是非、一筆如何でしょうか。

最後に、私はこれからもJALに乗り続けます!

2010年経営破綻したJAL、それから「8.10ペーパー」によって新規路線の開拓など制限されていましたが、あれから7年後、8.10ペーパーの失効もあって新規就航線が実現されました。

この7年間、JALグループの社員の方々にとっては、とても大変な時期で不便な思いもされたかと思います。そんな状況にも関わらずいつも変わらぬサービスを、と心温まるおもてなしやカウンターで怒鳴りちらす乗客にも誠実に接する一途な姿を拝見しつつ、親の代からJALに乗っているファンの一人として陰ながら応援してきた私も、新規線の就航はとても喜ばしいことであります。

JALはいよいよこれから、さらに高く羽搏くのだろうと期待が膨らみます。

あの鶴丸の翼で今度はどんな新天地へ連れて行っていただけるか今から楽しみです。

これからもJALに乗り続けたいと思っています。

 

 以上を持ってメルボルン旅行記終了です。

お付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

 

過去6つの メルボルン旅行記になります。

cobu.hateblo.jp

cobu.hateblo.jp

cobu.hateblo.jp

cobu.hateblo.jp

cobu.hateblo.jp

cobu.hateblo.jp