take a short trip 〜 ちょっとお空を飛んできます♪

自分スタイルで旅を愉しみながら、JAL修行しています♪

JAL修行 マレーシア発券検討中。昨年のランカウイ島回顧録

2017年秋頃には、旦那さんは次年度のダイヤモンド防衛の達成が見えてきました。

因みに私はJGP防衛は諦め、次年度は旦那さんのダイヤのパートナーズスティタスを拝借する予定です。


2014年から夫婦で修行してきましたが、海外出張のある旦那さんとは違って私は全て自費。
自分で80000FOP飛ぶって、経済的にも時間的にもかなりハードでしたf^_^;
個人的な感想としては旅好きの我が家では50000FOPまでは、なんなく行くのですが、その後の30000FOP稼ぐのがかなり険しいかったです。


そんなんで私は今年度の修行は休止中です。
とは言っても、旦那さんと共に飛んでいるので特典航空券と併用しながらもサファイヤまではいきそうですf^_^;



話がそれましたが…


そろそろ2018年度の修行の仕込みに入ろうかと思います‼️

JAL修行をやるならば、出来るだけ年度の始めにFOPを稼いでおきたいものです。

仮に年度始めの予定が駄目になっても、後半でリカバリーが効きますし、沖縄に関しては冬は台風の心配もなく、旅費も夏に比べて安いし、東京からの避寒地として最適です。



昨年まではストップオーバー出来る(24時間以上)「国内線の国際線乗り継ぎ割引運賃」というとってもお得なものがあり、沖縄に行く為に台湾や上海に行っていました。

ストップオーバーする事で国際線チケットにもれなく国内線チケットが付いてきた、というお得感。
国際線乗り継ぎ運賃はFOP加算が飛行マイルの100%というコスパのよいもの。
当日、Fクラスにアップグレードできた際にはさらなるアップも!




今はそれもなく2014年から始めたJAL修行は年々やり辛くなる一方です。
なんとか、ストップオーバー出来る国際線乗り継ぎ運賃を今後も使用したいものですが、日本発券では無理な今は海外発券に頼るのみ。


そこで、かなり出遅れましたが来年はコスパ重視のマレーシア発券をしようかと思っています。



ただ、クアラルンプール(以後KUL)は10年ほど前に一度訪れていますが…、残念ながらピンとこない…。


修行であっても、旅は旅‼️
なんとか楽しみたいものです。


そーいえば昨年、マレーシア航空のCクラスのスペシャル運賃でNRTーKULを2泊4日で発券した事を思い出しました。

やはり、その時KULにピンときず、「えーい、ランカウイまで飛んじゃえ‼️」とマレーシア航空のHPからKULーLGKを別発券しました。
往復で1人5000円ぐらいでした。


そこで、昨年の2泊4日(目的地1泊2日)のラウンカウイへの旅を振り返ってみようと思います。




その時のフライト・スケジュールはこんな感じです。(実施したのが昨年ですが、今年のスケジュールで組んでいます)
こちらスケジュールだと金曜日の就業終了後成田空港に向かえば、三連休有休無しで行けちゃいます。

☆往路☆
MH71便 成田発 21:40発がポイントです。
金曜日の夜出発で土曜日の朝着。
f:id:madamecobu:20170617213606j:plain

早朝、AM4時にKILAに到着です。

MH71便はKILAのサテライト・ターミナルに到着しますので、エアロトレインに乗ってメイン・ターミナルへ移動し国内線への乗り継ぎカウンターでチェックインしなくてはなりませんが、朝早すぎて国内線の乗り継ぎのカウンターがオープン前でした。

国内線のチェックイン・カウンターはエアロトレインのメイン・ターミナル乗り場の脇の階段を降りてすぐです。
オープンしてなかったので、一度エアロトレイン乗り場に戻るとその側にあるカフェは開いていました。
乗り継ぎの皆さんはそこで時間を潰していたようです。


それとエアロトレイン乗り場の側にあるエスカレーターを昇ったところにマレーシア航空のリージョナルラウンジがあります。
OneWorldのラウンジ入室許可のあれば利用可能です。
我が家はOneWorldのエメラルド所有していますが、国内線乗り継ぎだけどいいのかと不安でしたが、国内線のチケットを見せて無事に入室できました。

(因にマレーシア航空のラウンジはサテライト・ターミナル側にあるゴールデン・ラウンジの方が規模が大きくビジネスとファーストに分かれています。この到着時に利用できたかは不明です)

この時リージョナル・ラウンジでの利用客も私達しかいなかったので、横長のソファで暫し仮眠を取らせていただきました。

軽いホットミールやサンドイッチなどもありました。

因みに国内線にチェックインした後のマレーシア航空の国内線ラウンジです。
ラクサがありました。



☆復路☆
f:id:madamecobu:20170617222314j:plain
予約時は上記のスケジュールで、土曜日の夜LGK-KUL移動して空港周辺のホテルに一泊し、月曜日の早朝の便で帰国します。

予約当初、LGK-KULはこちらの便より1本早い16時台の便を取りたかったのですが余りに値段が高かったので断念しました。


しかし、あるトラベラーさんのブログでは「当日、空港で予約した便より早い便に空席があったので変更手数料なしで変えてもらった」、とのこと。
駄目もとでチャレンジしたら、ラッキーなことに16時台の便に変更してもらえました。
言ってみるものですね。


また、別のトラベラーさん曰く「LGW-KULは遅延が多い」とのことで、やはり私たちも早い便に変更出来たのものの1時間以上も出発が遅れ、次の便はさらに遅延が拡大していました。
この時に限らず、私達の経験ではプーケットからバンコクへの便も遅延したことがありました。
アジアでの当日乗り継ぎはかなりの余裕を持った方がよさそうです。


この時KILA周辺のホテルに宿泊しましたが値段の割にはイマイチでした。
KILA周辺は手頃な良いホテルがなく、早朝便なので朝早く起きなくてはならないプレッシャーで良く眠れなかったことを考えると、次回は当日乗り継ぎで深夜便で帰国してもよいと思いました。


こんなスケジュールで1泊2日のランカウイでの滞在でしたが、なかなか満喫できました。


ラウンカウイに到着日(出発してから2日目)

ホテルはThe Danna Hotel

白亜のコロニアル調のホテルです。

1泊朝食付きで1room 20000円ぐらいでした。
因に雨季のシーズンです。

フォーシーズンやSt.Regisに泊まってみたかったですが手がでません💦

朝食にスパークリングワインが飲み放題というのも選択理由の一つでした(笑)


プールがとっても広いのでプールサイドでゆったりと過ごせます。

ゲストサービスに日本人の方がいらっしゃって、とても親切に対応してくださいました。



お隣は世界中からクルーザーが集まるテラガ・ハーバー。レストランなどもあり、食事にも便利です。




また、ホテルからタクシーで10分も掛からないところにランカウイ島の名所、ケーブルカーとスカイ・ブリッジがあります。


到着時は曇り空でしたが、この時は見事に晴れて絶景が望めました!


このケーブルカー、とても人気があるので日によっては乗るのに何時間も待つことがあるようで、お昼頃到着したのですが、確かにちょっと列が出来ていました。

しかし、Express laneという有料のファストパスのようなものがあり、こちらを利用したので並ばずに乗ることが出来ました。
チケット売り場の左手奥のオフィスようなところでExpress lane用のチケットを買うことが出来ます。
(プラス1人50リンギットだったかな)
http://www.panoramalangkawi.com/skycab/



3日目は午前中はホテルでユックリと泡朝食を頂き、お昼頃チェックアウトして、先ずはピサンというお土産屋さんへ行きました。


ランカウイ島でしか採れないナマコが材料のナマコ石鹸が有名です。
お肌がツルツルになるとの評判でしたが、使ってみましたが、確かにしっとりとしているような気がしますf^_^;
この時、ピサンは空港近くにあったのですが、どうやら今は移転されたようです 
ピサン ランカウイ (Pisang Langkawi) |ランカウイナビ



その後は、アジアといえばSPA。
ダナホテルにもSPAはありましたが、それよりもずーっとお安い街中のSPAへ。

パンダイ・チェナンという町中にあるアルン・アルン・スパです。
Alun-Alun Spa: Exclusive Asian massage therapies


ファシリティ、マッサージ技術共に良かったです。
予めHPから予約を入れたのですが返信がないので現地到着日に電話したら、しっかり予約が入っていました。英語が通じます。

また、こちらのお店は隣にお土産物屋さんも併設していて、アロマの香り高いSPAグッツやアジアン雑貨が買えます。



ちょっと時間があったのでパンダイ・チェナンのビーチを散歩。
白砂の綺麗なビーチでした。



その後、LGKからKULに戻り、KILAの周辺ホテル(コンコルド・ホテル)に泊まって翌朝、早朝の便で帰国。



出発前にマレーシア航空のファーストクラス用のゴールデンラウンジで朝食を頂きました。


メイン料理はオーダー制。
泡も頼むと持って来てくれます。


なかなか良いラウンジでした。

そして、Cクラスで夕方日本へ帰国。



こんな感じで、目的地1泊2日ですが十分楽しみました。
まぁCクラスだったのというのもあり、身体も楽でした(^^♪

そうそう、ランカウイは島全体がフリーポート。
なのでアルコールがめっちゃ安いです。ソフトドリンクとほぼ一緒!
また、ユネスコ認定のジオパークに指定されているといことで、自然豊かで地学的にも価値あるところということですね。


やっぱり、アジアに行くのなら楽園トラベラー目指したいものです。
なんとか、マレーシア発券の際にどこかのリゾートにくっつけられないか現在模索中です。


実は、来月、これに似たようなスケジュールでバリに行ってきます。
今回はYクラスです(^^;;
身体にどれくらい負担が掛かるか試してきますf^_^;