take a short trip 〜 ちょっとお空を飛んできます♪

自分スタイルで旅を愉しみながら、JAL修行しています♪

ドブロブニクへの旅 vol.3 空港からホテルへ、そして最初の晩餐

日本の自宅から20時間ほどかけて、やっとドブロブニク空港へ到着しました。


今回のルートはNRTーHEL(ヘルシンキ)経由ーDBV(ドブロブニク)


ヘルシンキ経由なら、出発した、その日にドブロブニクへ到着する事が可能です。

日本との時差はー7時間(サマータイム)

ヘルシンキからの出発が遅れて、19時20分ごろドブロブニクの空港にLanding.


毎回、未踏の地へ訪れる時は、先ずは空港からホテルへ無事に到達できるのか、と不安になるものです。


できれば公共の交通機関を利用して安く済ませたいものです。

ドブロブニク空港から旧市街へは、Atlas社のシャトルバスが飛行機到着に合わせて、空港から出ています。


http://www.atlas-croatia.com/arrangement/dubrovnik-airport-shuttle-bus/

片道 40クーナ (約680円)
往復 70クーナ (約1200円)
これに乗ればだいぶ節約できるのですが、旧市街に停まるバス停はPileピレ門の傍になります。

この地図で旧市街の左側に「BUS」って書いてある所です。^_^

私達が泊まるホテル「グランド ヴィラ アルジェンティーナ」は旧市街挟んで真逆のPloce プロチェ門を出てちょっと行ったところです。

下の地図の右端になります。
因みに真ん中に位置する丸くて茶色ところが旧市街です。

歩いて行けないことも無さそうだけど、少し距離がありそうかな。
またスーツケースを引きづりながらは辛いだろうし。
もしくは、バスを降りてホテルまでTAXIに乗る方法もありますが、それは面倒だわ。

しかも夜到着で暗い中、地理感もないし…。

(実際、歩いて行けない事も無いですが、上り坂になるので大きなスーツケースを引いてでは辛いかも)

などなど検討した結果、事前に日本で迎えの車をVertlaのHPから予約することにしました。



https://www.veltra.com/jp/


空港から旧市街近くのホテルまで€38 、日本円で5千円でお釣りがきます。
(因みに、帰りはホテルでTAXI頼んで290クーナ ;4930円 だったので、妥当な価格だと思います)

口コミとおり、車も大きくて綺麗、ドライバーさんももきちんと対応もしてくれてよかったです。
それに事前にカード決済なので、空港での両替の心配もいりません。

実はドブロブニク空港での入国審査が激混みで、待ち合わせ時間が40分以上も遅くなりましたが、好青年風のドライバーさんが、ちゃんとネームカードを持って待っていてくれました。


ドブロブニク空港は、こじんまりとしているけど近代的で、シャトルバスの乗り場もTAXI乗り場もちゃんとありました。

それに、GWの頃は20時ぐらいまで明るいので、ちょっと気持ちが楽ですね。

ホテルがピレ門から歩いて行ける所ならば、シャトルバスで十分だと思います。
(因みに旧市街から空港へ向かう時のバス停は、ここではなくケーブルカー乗り場の前です)


そんなことで今回、私達は快適な送迎車でホテルのある旧市街へと向かいました。
Time is money❗️
(時間節約、体力温存にも充分効果あったと思います)

空港からホテルまでは約20分程です。
暫くすると左側にアドリア海が広がり、上から見下ろすようにドブロブニクの旧市街が見えてきて、「うわぁっ」と思わず歓声をあげてしまいました。

(写真を撮るのを忘れてしまった…)

道もきちんと整備されて、レンタカーでも走れそう…。

景色を堪能していたら、あっという間に着いてしまいました。

今回、こちらの宿に2泊しました。

GRAND VILLA ARGENTINA ;グランド ヴィラ アルジェンティーナ


http://www.adriaticluxuryhotels.com/en/grand-villa-argentina

こちらのホテルをチョイスして大正解でした!
しかも、かなりお得なレートで泊ることも出来て大満足です。
ホテルの詳細は、また後日…。

チェックインして、早速お部屋へ。

因みにお部屋はこんな感じです。

老舗ホテルのようで館内全体がクラシックですが、リノベーションもされているようで、綺麗でした。

現地時間 でもう直ぐ、夜の9時。
シャワー浴びてベットに潜りたい気持ちもありますが旧市街へ繰り出します。

このホテル、旧市街へ歩いていけるのも、選択条件の一つです。
ゆっくり歩いて15分ぐらいかな。

旧市街の城壁の中へ入った途端、中世の時代にタイムスリップしたかのようです。

まだまだ、皆さん、愉しんでいるようです。

そして、今宵の初のディナーは予めチェックしておいた「ロカンダ・ペシュカリヤ」へ。
今回の旅の予習の為に何人かのトラベラーさん達のブログを拝見したのですが、こちらのお店、お薦めのようです

夜の9時を回っていても賑わっていました。
アジア系のお客さんが多い…かな。

☆Lokanda Peskarija
9:00 〜 23:00
休12月〜3月

旧港に望みながら、外のテラスで頂きます。
この時期、夜はちょっと冷え込みますが、上着を羽織ればテラスでの食事も楽しめます。

ドブロブニクは、新鮮なシーフードを使った料理が名物とのこと。
なんとなくイタリア料理に近いかな。

メニューは、日本語もありました(^^;;
観光客用のお店ですね。

先ずは長旅での喉の渇きを潤す地ビール。
クロアチアはビールもよく飲まれるそうです。

一品目
タコのマリネ

(・・;)(・・;)(・・;)

タコは柔らかくて美味しいのですが
ケッパーが多すぎ…。
ショッパイ…。塩抜きがされてないのでしょうか!!!


もう一品は皆さんお薦めのシーフードリゾット。
大きな鉄鍋で出てきます。


(ちょっと写真が暗いですね)

実はこちらオーダーがとおっていなかったらしく、凄〜く待たされて、旦那さん、超不機嫌になってしまった…(^^;;

で、お味も評判ほど美味しいとも、感じられず。
でも、長旅疲れた身体にはお米はホッとしますね(私はね)

量的には、こちらの2品で十分でした。

お会計は4000円ぐらいだったと思います
(レシートを無くしてしまいました(^^;;)


ドブロブニククロアチアでも、ずば抜けて物価が高いそうで、何もかも観光地価格、東京とかわらないかな。

クロアチアの通貨はクーナ
この時 1クーナ=17円

旧市街に両替所もありますが、ATMも多く見られ、私はクレジットカードで少しだけ引き出しました。

ドブロブニクのお店は殆どクレジットカードで支払えます。

時折、ユーロも使える店もあるので、手持ちのユーロで支払ったりもしました。

クーナは余らせても使い用が無いので、売店でドリンク買うとか、もしくはタクシー料金支払う分だけ確保して、後はクレジットカードで済ませるのが良いと思います。

2泊なので、2回のうちの貴重な1回の夕食なのに敗北でした…。

既に夜の10時を回っていて、何時間起きているのだろうか???と部屋に戻ってサッサと就寝。

翌朝、時差ボケで早朝に目が覚め窓を開けてみると
目の前にはアドリア海とロクルム島が!


さあ、朝ごはん食べて観光に出かけます!
続きは次回に…。

長文、お読みくださってありがとうございました❤️