take a short trip 〜 ちょっとお空を飛んできます♪

自分スタイルで旅を愉しみながら、JAL修行しています♪

JAL メルボルン線就航 2日目ヤラバレーのワイナリーツアーへ行ってきました。

オットがメルボルンマラソン参戦の為、2泊4日間のメルボルン

マラソン大会の前日の土曜日、もう一つのお楽しみ⁈ヤラバレーのワイナリーツアーに参加してきました。

 

2年前のメルボルン滞在時に初めて訪れたヤラバレー。

当時、最高の晴天にも恵まれこともあり、美しい風景、お洒落なヴィンヤード、そして美味しいワインにすっかり魅了されてしまいました💛💛💛

 

その時に味わったChandon社の赤のスパークリングワイン(ピノノワール&シラー)が気に入って日本へ3本持ち帰りましたが、先日最後の1本を飲み干してしまったところです。

再びその味を求め、マラソン大会前日にもかかわらずオットもノリノリでツアーに参加です。

メルボルンの季節は春で丁度桜が満開。

温かい日差しの下で美味しいワインをたくさん⁉呑んで、歌って?楽しんできました!

f:id:madamecobu:20170530181040j:plain

★目次★

Yarra Valley ヤラバレーって???

ヤラバレーはメルボルンから東へ60キロ、車で1時間のぐらいの高原地に大小約80か所のワイナリーが存在しています。

最近、ヤラバレーのワインは世界でも評価は高く、カンタス航空でだされているものもあります。

オーストラリアではワイナリーの事をヴィンヤード(Vin yard)と呼ぶそうです。

ワイナリーツアーは英語ツアー、それとも日本語ツアー?

初めて訪れるなら、やはりツアーで参加するのが良いと思います。

レンタカーでも行けそうですが、ドライバーは呑めませんからね。

ワイナリーツアーはVeltraやHISメルボルンなどを通せば、様々なタイプのツアーがあり、訪れるワイナリーも違ってくるので自分好みのものをチョイスすればよいと思います。

私たちは前回は英語ツアー、今回は日本語ツアーに参加しました。

どちらに参加しても、美しいヤラバレーの風景の中で美味しいワインが飲めるのは確かですが、それぞれの特徴があるのでちょっと気づいたことを述べさせていただきます。

私が参加したツアーはどちらもワイナリーは4件ほど巡りました。

英語ツアー

長所は、全体的にツアー時間が長いのでワイナリーでの試飲もゆっくりと出来ます。

ランチもしかっりとしたコース料理を頂き、多国籍のゲストをテーブルを共にし、お酒の力もあってかなかなか楽しいものでした。

短所は、やはり英語なので得意でない私は詳しい説明が理解できなかったのが残念。

参加人数も10名以上いました。

日本語ツアー

今回、有名なMr Johnツアーに参加しましたが、ガイドは日本人の方でした。

やはり、各ワイナリーの特徴など詳しく説明頂きとても勉強になりました。

今回ツアー参加者は私たち以外にもう一組のご夫婦の計4名。

ガイドさんは途中で写真を撮ってくださったり、アットホームにリラックスできました。

短所でもないのですが、お食事はオードブル程度。でも、これくらいで丁度よいのかも。ツアー時間は英語ツアーより短めのせいか、もう少し試飲の時間が長いとよかったかな。

因みに料金は英語ツアーより高めです。

 

尚、このようにワイナリーツアーは人気がある上、席数も限られているため、早めの予約が望ましいかと思います。

 

この度巡ったワイナリー4軒

4軒中2軒は初めて訪れたワイナリーでした。

またもやお気に入りのワイナリーに出会うことが出来て大満足でした!

1. Oakridge Winery

Best Winery of the Year 2012に選ばれたそうです。

f:id:madamecobu:20171022145043j:plain

ティスティングカウンターに整列したグラス、その向こうはぶどう畑
f:id:madamecobu:20171022145138j:plain
f:id:madamecobu:20171022145350j:plain
蔵元の名が入ったグラスでティスティング お値段表を見比べながら
f:id:madamecobu:20171022144624j:plain
f:id:madamecobu:20171022144702j:plain
とってもモダン

2.Domain Chandon

世界で有名なドン・ペリニョンで製造しているフランスのシャンパンメゾン、モエ・エ・シャンドン社が1986年オーストラリアに設立しました。

こちらは本当にChateauの名に相応しい素敵な造りの建物です。

f:id:madamecobu:20171022151830j:plain

正面の入口
f:id:madamecobu:20171022151519j:plain
f:id:madamecobu:20171022151902j:plain
ティスティングカウンターはシャンパンボトルが所蔵されている蔵の中
f:id:madamecobu:20171022153005j:plain
f:id:madamecobu:20171022153109j:plain
f:id:madamecobu:20171022153134j:plain
お目当ての赤のスパークリングワイン!!

本家がシャンパンメゾンだけあって、こちらも泡系のスパークリングの種類が多いです。全部で6種類。ここでしか買えないものもありますし、日本のスーパーで買えるものもあります(日本の方が安かったです)

ツアーによってティスティングの仕方が異なるようで、前回の英語ツアーの時はグラス1杯がツアー代金に含まれ、自分でAU$10支払うと追加で何種か試飲できました。

今回はガイドさんが最初にAU$10支払い三種類のスパークリングを試飲させくれました。

因みに土産用など1本買う時に、その試飲代AU$10のレシートを見せると試飲代が返金されるのでお得です!

f:id:madamecobu:20171022153215j:plain
f:id:madamecobu:20171022151452j:plain
雰囲気ある渡り廊下とミュージアム

こちらのワイナリーにも素敵なレストランがあるのですが只今工事中でした(残念)

前回の写真になります。

f:id:madamecobu:20171022160409j:plain
f:id:madamecobu:20171022153644j:plain
f:id:madamecobu:20171022153604j:plain
ぶどう畑が目の前に広がる素敵な空間

f:id:madamecobu:20171022160428j:plain

はいっ、しっかりと仕入れました!しかし、重かった…。

念願の赤のスパークリング、オットと相談の上、3本購入しました(苦笑)

これからの季節、クリスマスにでも楽しみたいと思います。

3.Dominique Portet

三軒目に訪れたワイナリーですが、こちらの赤ワインはとても美味しかったです。

何故なら、こちらの醸造家のお父様があのボルドー五大シャトーの1つの総責任者だとか!

しっかりとその味を受け継いでいるのでしょうか、ワインど素人の私にも感じられる美味しいワインを堪能しました。

こちらのワイナリーはこじんまりとしています。周囲は勿論ぶどう畑でのどかな環境です。

このような恵まれた場所でのんびりとワインを楽しめるなんて幸せですね。

f:id:madamecobu:20171022163040j:image

 

f:id:madamecobu:20171022163501j:plain
f:id:madamecobu:20171022163426j:plain
f:id:madamecobu:20171022163224j:plain
ティスティングタイム!シラーのワインが美味しかったです。
f:id:madamecobu:20171022163655j:plain
f:id:madamecobu:20171022163734j:plain
お楽しみのランチタイムはシャルキュトリーの盛合わせ!お味はハナマルです!

ランチに合わせて、こちらの銘酒「Aundre2012」を試飲しました。

1本AU$150!良質のぶどうが採れた時だけ醸造される代物です。

こちらは試飲は有料でAU$10ですが、Chandon社と同様になんでもよいのでワイン1本買うと返金されます。

因みに我が家はAU$22のシラーを買いましたが、こちらでも十分美味しいです。

f:id:madamecobu:20171022164019j:plain

とっても口当たりがまろやかで、口の中に芳香な香りで満たされます。幸せ……。

ご一緒させていただいたご夫妻がとても良い方でしたので、楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

4.Yering Station

最後は前回も訪れたイェリングステーションです。

とても歴史あるワイナリーで、素敵なレストランとChatouという名の高級宿泊施設もあるリゾートみたいなワイナリーです。

ガイドさん曰く、メルボルン在住のお金持ちがヘリでくるとか!!!

f:id:madamecobu:20171022170716j:plain
f:id:madamecobu:20171022170630j:plain
伝統を感じる赤レンガの建物です。
f:id:madamecobu:20171022171355j:plain
f:id:madamecobu:20171022170832j:plain
f:id:madamecobu:20171022170917j:plain
奥に広いティスティングカウンターがあります。

伝統あるワイナリーだけあって、ワインの種類も多く、今までお目にかかれなかったデザートワインもありましたので、こちらではそれを購入しました。

f:id:madamecobu:20171022172945j:plain
f:id:madamecobu:20171022173020j:plain
右が購入したデザートワイン。白で甘いのですがスッキリしています。
f:id:madamecobu:20171022171602j:plain
f:id:madamecobu:20171022171538j:plain
別棟にあるレストランが素敵!この日は土曜日なので賑わっていました。

f:id:madamecobu:20171022171444j:plain

庭の藤の花が満開!その後ろにヘリコプターが⁈

以上の4軒になります。

このうちのDomaine ChandonとYering Stationは二回目でした。

比較的大きなワイナリーだからでしょうか。

この日は土曜日なので混んでいましたが、ガイドさんのお力もあり、私たちは上手くティスティングが出来たようです。また、ガイドさんとワイナリーの人は顔なじみでもあるのでお勧めのものを手際よく試飲させてもらったと思います。

もし行かれるのでしたら、カウンターも混んでなく、ゆっくりとティスティングできる平日の方がお勧めです。

今回の戦利品

夫婦二人で合計6本購入しました。

日本からエアパックとセロテープ持参でグルグルまきにしてスーツケースにいれて帰ってきました。

f:id:madamecobu:20171022173623j:plain

因みにDominique PortetではAU$2でエアパックが買えます。ちょっとかさ張りますが(;^_^A アセアセ・・・

f:id:madamecobu:20171022173700j:plain

かなりマッチョですがこれなら完璧です。

 

最後に、季節ごとにワイナリーの風景があります。

今回は春の季節だったので、ぶどうの木はやっと芽吹き始めた頃ぶどう畑はちょっと淋しいような気がしました。

でも日差しが明るくって、空がとても綺麗でした。

前回は日本のGWで、こちらでは晩秋の頃。

紅葉の季節だったので黄金色のぶどう畑はとても美しかったです。

f:id:madamecobu:20171022173853j:image

 因みに、ぶどうの収穫は3月頃でその直前に訪れると、たわわに実のついたぶどう畑が見れるかもしれませんね。

また来たいな……。

 

いつの季節に行っても、ヤラバレーは素敵の風景に出会え、気持ちのよいところです。

メルボルンを訪れた際には是非、お勧めします。

 

ところでオットですが、「うっめーーー」と雄叫びをあげながら、グビグビいっていましたよ。

翌日のフルマラソンは如何に。

その模様は次回に。

 

 

cobu.hateblo.jp

cobu.hateblo.jp

cobu.hateblo.jp

 

 

JALメルボルン線就航 タラマリン空港からホテルまではTAXIを利用してみました。

成田空港を出発して約10時間、JL773便は無事にメルボルンの国際空港=タラマリン空港に定刻より早く22時25分到着しました。

 前回の記事です。

cobu.hateblo.jp

 

時差は日本時間+2時間です。

心身共にまだ日本時間のままのようで眠さも疲れも感じていません。

それとも高機能B787のお蔭でしょうか⁉

さて、ここからホテルに無事に到着するまで気を引き締めます。

なにせJL773便の到着は深夜に近い時間なので、結構不安に思われている方もいるのではないでしょうか。

 

そこで、今回私たちのホテルまでのアクセス体験を綴らせて頂きます。

 

★目次★

タラマリン空港の入国審査が簡単&スピーディでびっくりです!

JL773便は国際線ターミナルとなるT2に到着します。

まずは入国審査ですが、セルフの青いマシーンで行います。

Smart Gateって表記もあるので、すぐわかると思います。

パスポートを入れると自動的に画面上に日本語で設問が表記されるのでタッチしていくだけです。

最後にカードが出てくるので、こちらを忘れずに持参してください。

そして、その先にあるゲートにこのカードを入れて写真撮って審査は終わりです。

その際、カードが再び出てくるので忘れずに。

荷物ピックアップ後に税関らしきところで担当者に機内で書いた「入国カード兼税関・検疫申告書」と先ほどのカードを渡して入国完了です。

一切、人に質問されることなく、あれよっという間に入国完了です。

時間にしてランディングから20分位でした。

 

空港からのアクセス方法

出発前に以下4つを検討しましたが、結局TAXIにしました。

TAXI利用については旅行された方のブログ等を探したですが情報が乏しく、消去法で決定しました。

  • スカイ・バスを利用(1人片道AU$19)ホテルに連携するミニバスが終了
  • タクシー(相場がわからず不安だけど…。)
  • オプショナルの送迎(HISで1台片道AU$280!高すぎ(# ゚Д゚))
  • 近隣のホテルに泊まって翌日中心地へスカイ・バス利用(空港の真ん前にロイヤルパークホテルがあるが安くないし、翌日の移動が面倒)

今回「ホテルまでタクシーを利用してAUD$85でした

先ずはプルマンホテルの立地

普段空港からホテルまでは公共の交通機関を利用しますが、今回事前に検討した結果タクシーを選びました。

因みにホテルはメルボルンの中心地から少し外れたイースメルボルンにあるプルマン メルボルン オン ザ パークです。

実は前回も泊まったホテルでして、周囲の環境を気に入っているのと今回のメルボルンマラソン会場にはまさしくべスポジなのです。

f:id:madamecobu:20171021174942j:image

 因みにタラマリン空港からプルマンまで27K、30分ほどでした。

 

f:id:madamecobu:20171021175001p:image

マラソン会場にとっても近いプルマン、でもサザンクロス駅から遠い

 ホテルとマラソン会場を考慮した地図をご覧いただくと一目でお分かり頂けるかと思います。

f:id:madamecobu:20171021190337p:plain

プルマンはマラソン会場に近く、実際徒歩5分ぐらいでした。(スタートは徒歩10分位でした)

しかし空港からのスカイ・バスは真逆の街中心地の西にあるサザンクロス駅到着します。

スカイ・バスの乗客はサザンクロス駅と宿泊ホテル間を無料のミニ・バスで送迎をしてもらえるのですが、調べてみるとこの時間は運行終了のようでした。

サザンクロス駅からTAXIに乗り換えるのも時間ロスになりそうなので、ここは体力温存の方程式にのっとり空港から直接TAXIで向かうことにしました。

サザンクロス駅周辺のホテルを取ればスカイ・バスの利用価値は大ですね。

TAXIの運ちゃんはどうしてメーターを止めちゃったの?

空港のTAXI乗り場はスカイ・バス乗り場の手前なのですぐにわかります。

私たちの前にも何組が乗り込んでおり、蛍光イエローのベスト着用した配車係りのような人もいたので、順番に従いそこで乗り込みました。

乗ったTAXIはあまり綺麗とは言えず、ドライバーはたどたどしい英語を話しているところをみると他国から出稼ぎに来ている方かもしれません。

最初は愛想が良く、メーターが動いているのもチェックしました。

そして、オットが「ホテルまでどれくらいの料金ですか?」と尋ねると「85ドルから90ドルぐらい」との回答でした。

空港からの距離、高速代+深夜料金+スーツケース2個と考えると、物価の高いメルボルンではそんなものかなと思って暫し外の景色を眺めていました。

車は高速をスイスイと走行していましたが途中渋滞発生!夜は道路工事で渋滞の場合があるとのこと。

渋滞はすぐ抜けましたが気が付くとメーターが動いていない????ちょっと不安になりながらもタクシーはCBDへ入ってきました。

街中に入ると私も一度来ているので土地勘があります。運ちゃんは特に遠回りしていることもなく順調にホテル到着!

そして運ちゃんから「90ドル」

私「どうしてメーター動いていないの?????」

運ちゃん「じゃあ、85ドル」

「?」でしたが、取り合えず言い値の85ドルを渡しました。

後から参加したツアーガイドの方に聞いたら「相場だと思いますよ」とのこと。

もしかしたら、渋滞の時に好意でメーターを止めてくれたのかもしれませんし、あるいは何かズルしたのか謎ですが、無事に早くホテルへ送り届けてくれたので結果オーライとしときます。

無事にプルマンにチェックイン

TAXIを利用した為、ホテルの部屋に入って時計を見たら23時半、ランディングから1時間15分ほどでした。

JALスティタスで荷物が三番目に出てきたお蔭もあります)

プルマン メルボルン オン ザ パークは、元々はヒルトンだったそうで、私が泊まった2年前にプルマンの運営変わったばかりでした。その時はどちらかというと大きな回転ドアのあるクラシックな感じでしたが、今回再訪してみるとロビーがとってもモダンにリニューアルしていました!

フロントでそのことを言うと、「おかえりなさい!!今はロビーだけで部屋は依然と同じままですよ。でも、もうすぐ部屋もリノベするですよ。」とのこと。

お部屋は今現在でも古めかしいということなく十分快適に過ごせます。CBDのホテルに比べると少し広いかな。

何より周囲に高い建物がないので窓から見える景色が良いです。

(隣が丁度建設工事中で今後の眺望が心配ですが)

f:id:madamecobu:20171021203737j:plain
f:id:madamecobu:20171021203022j:plain
リニューアルしたロビーとクラシックなお部屋
f:id:madamecobu:20171021203522j:plain
f:id:madamecobu:20171021203546j:plain
隣は森のようなフィッツロイ公園、部屋からも緑が見れます。

 取り敢えず、無事ホテルにチェックインできました。

二人とも、今のところ元気でしたが翌日以降のことを考え直ぐにシャワーを浴びて就寝しました。

オットは、寝酒にミニバーの瓶ビールを2本呑んでからでしたが……。

ランナーの自覚 ”0ゼロ”ですね"(-""-)"

 

二日目はワイナリーツアーに行ったので、次回に綴らせて頂きます……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JAL メルボルン線就航 JAL Fラウンジのお鮨が久々にヒット‼️1日目出発まで。

オットのメルボルンマラソン参戦の為の今回の旅の行程は2泊4日間の弾丸でした。

まずは出発から綴らせて頂きます。

f:id:madamecobu:20171016214157j:plain

メルボルンマラソンのゴール付近

 前夜、成田泊は身体がとっても楽でした!

今回、前夜に成田空港近隣のホテルに泊まりました。

出発当日の早朝に自宅を出ても間に合いますが、なんせ若くもないオットが弾丸で片道10時間かけてフルマラソン走りに行くのですから体力温存のためです。

仕事を終えて一旦自宅に戻り、スーツケース抱えて有楽町から1000円バスでホテルまで直行です!

f:id:madamecobu:20171019210301p:plain

バスは以下のホテルの順に停車していくのですが、最初に停車するホテルと最後のとでは、到着時間に45分の差があるんですね。

なので早くチェックインしたいのなら、なるべく最初の方に停車するホテルを選択するとよいです。

f:id:madamecobu:20171019210721p:plain

そうすると当然、一番最初に停車するエクセルホテル東急を選ぶのがベターですが、ちょっとだけお値段が高めf^_^;

今回はお得なレートがでていた成田ビューホテルにしてみました。

https://www.viewhotels.co.jp/narita/

 

高速を降りてからホテル到着まで20分ほど掛かりました。

ツインで予約をしていたのですが、チェックインの時「今回は広めのお部屋にしときました」と言われ、お部屋に行ってみるとベット3つとリビングセットがある通常の2倍の広さのお部屋(^^♪

こちらのホテル、只今リノベーション中のようで、お部屋もとっても綺麗でした。

アップグレードありがとうございました(^^)/

ホテルには夜遅くまで開いているコンビニもありますので、夜食、お土産、旅行グッツまで買えますよ。

f:id:madamecobu:20171018223132j:image

ゆっくりと寛ぎたいところですが、 夜遅くの到着だったのでシャワーを浴びて早々に就寝。お部屋がゆったりとしていたこともあり、ぐっすりと眠れました。

そして翌朝、7時半頃ホテルのロビー前からバスに乗って8時前にターミナル2に到着ししました。

ホテルから空港までのバスですが、7時台は3本ありました。空港まで20分から30分ぐらいとのことですが、この日平日なので道もすいていたようで20分で到着。

成田ビューホテルで乗客を乗せたら、ANAクラウンプラザホテルに寄ってから空港へと向かいます。

バスは予約不要、もし満席だと次のバスを待たなくてはならないので、早めに並んだ方が良いと思います。

 

JALファーストクラスラウンジのお寿司が久しぶりに美味しかった!

JALファーストクラス・チェックインカウンターでチェックインして、ラウンジへ。

平日の朝の8時頃、まだ空いていました。

下の写真でラウンジの奥にあるのが寿司カウンターです。

f:id:madamecobu:20171018223212j:plain

f:id:madamecobu:20171018223321j:plain
f:id:madamecobu:20171018223359j:plain

今年に入ってからお寿司のネタが週替のメニューになってのですが、ラッキーなことに前回のハワイに続き今回も中トロに当たりました🎉

特にこの日の中トロは口の中でとろけるよう、美味しかったです。

それと北海蛸、勿論国産だそうでとっても柔らかったです。

そして、泡と朝限定のヤクルトを頂きました。

お寿司をはじめファーストクラスのラウンジのお食事のメニューは事前にJALのHPからチェックできます。

f:id:madamecobu:20171020211929p:plain

http://www.jal.co.jp/inter/service/lounge/pdf/first/nrt_food.pdf

 

お食事が終わった後はマッサージへ。

以前は有人マッサージをしてもらったお部屋は今月からマッサージチェア「匠」が置かれていました。

やはり、私はマッサージ師さんの心の籠ったマッサージが懐かしいのですが、オットはこちらの匠のストレッチ機能が気に入ったみたいです。

f:id:madamecobu:20171018223538j:plain
f:id:madamecobu:20171018223431j:plain

ラウンジでの時間は本当にあっという間に過ぎます。

なんせ大好きな飛行機目の前にして、ゆっくりお酒やお茶が頂けるのですから。

しかし、出発時間はくるものです。

メルボルン行きのゲートのあるサテライトへ向かいます。(この日は本館のラウンジでゆっくり過ごしすぎて、サテライト側のラウンジに寄ってローランぺリエを頂くのを逃してしまいました"(-""-)")

途中、鶴丸が整列している姿を写真におさめてみました。

f:id:madamecobu:20171018223608j:image

さあ搭乗します!

今回お世話になる機材は先進技術で快適性を追求したJALボーイング787です。

f:id:madamecobu:20171009073723j:plain

先日のJALの工場見学で駐機していた787機

天井が高く解放感があるのと、湿度、気圧の調整にとても優れているそうです。

工場見学のガイドの方のお話では、実際CAの方たちもこの機でのフライトでは身体が楽だと言っているそうです。

往路はオットがPYからアップグレードしてC、私はYと別々でしたが、一人で映画見て、気兼ねなく機内販売の買い物して過ごしました。

シートも私にとっては十分な広さです。

私のお隣は大きなオージー(多分)の男性でしたが、全く圧迫感を感じませんでした。

f:id:madamecobu:20171018223709j:plain

45列目の非常口前

さすがに10時間は長いですね。ここ数年、国際線Wifiキャンペーンでいプロモーションコードを頂いていたのですが、使ったことがなかったので今回初めて利用してみました。

画像などはサクサクとはいかなくても、フリーズすることなく使えました。

f:id:madamecobu:20171020222613p:plain

 

食事ですが昼食はハンバーグをチョイスしました。

昨年から、どうもお子様ランチ感が抜けてないような気がするのですが……。

ハワイ便のメニューの方がずーっと良いと思いますよ。

でも到着3時間前に出された昨年より引き続きのエアー吉野家はヒット!

美味しいかったのでしっかり完食ました!

おかげで、この後ホテル到着時もお腹がすくことなく直ぐ眠ることができました。

f:id:madamecobu:20171018223816j:plain
f:id:madamecobu:20171018223745j:plain
f:id:madamecobu:20171018223848j:plain
左から順にサービス頂きました。

因にオットがCクラスで頂いた食事は和食を選択。感想は………"(-""-)"

ちょっとお味が薄かったそうです。洋食のステーキの方がよかったかもって。

f:id:madamecobu:20171018223905j:plain
f:id:madamecobu:20171018224009j:plain
間食で頂いた味噌ラーメンが美味しかったみたい。(庶民の口にあったのね)

翌々日にフルマラソン走るオットですが、せっかくのCクラスでお酒を飲まずにいられるわけがありません。

この日、朝のラウンジから酒浸りのようでした。

 

本日はここまでです。

次回はメルボルンタラマリン空港到着時から綴らせて頂きます。

  

 

 

 

 

 

 

 

JAL メルボルン線就航 オット2泊4日でメルボルンマラソンに参戦!

 先週末、2泊4日間でメルボルンへ行ってきました。

 

メルボルンへは二年前のGWに訪れたことがあり、美しい街並みにすっかり魅了されてしまいました。

いつか再訪を、と想いを募らせていたところ、今年5月末頃にJALのメルボルン線の就航ニュースが!!!

cobu.hateblo.jp

 

そして、ランナーのオットにとって気になっていたことがもう一つ⁉

f:id:madamecobu:20171017203207p:plain

メルボルンマラソンです!

実はオットは5月の時点で既に2018年度のダイヤ防衛の到達分のチケットを発券済みでした。

 

 行きたいけど、でも………

・この費用を来年の修行に回した方が良いのかも????
・前月の9月にオットも私も夏休みで1週間の休暇取るのに翌月もってまずいんじゃない???

 

しかし………

・就航キャンペーンでお値段お得だよ!

・マイルが2倍付くキャンペーンもあるよ!

さらに………

・前回美味しかったChandon社の赤のスパークリングが飲みたい!

メルボルンマラソンに是非とも走りたい!(オット)

f:id:madamecobu:20170530181040j:plain
f:id:madamecobu:20171016214157j:plain

 

ということで………

・チケット代の一部をマイルをeJALポイントに換えて工面する。

 (これでFクラスへの特典航空券がまた遠のきました)

・滞在最低日数の2泊4日間

・職場への休暇願は………ご想像にお任せします(__)

 

行くことに決定!!しました。

決定的なポイントがワイン&マラソン大会という、ランナーさん達にしてみれば、考えられないアホな組み合わせですが、2泊4日間思いっきり楽しんできました。

 

★目次★

  

スケジュール

1日目 JL773便 成田発10:30 メルボルン着22:55

 

2日目 ヤラバレーのワイナリーツアー

    メルボルンマラソンのビブスを貰いにEXPO会場へ

 

3日目 7:00 メルボルンマラソン、スタート

    18:00 メルボルンマラソン日本事務局開催の完走パーティー出席

    

4日目 JL774便 メルボルン発00:35 成田着8:35

 

勿論、オットはフルマラソン(42.195K)にエントリー( ゚Д゚)

なので多少の支出が加算でも、今回は「体力温存」を考慮しつつ旅程を考えてみました。

 

体力温存と一番のキーポイントとなる「睡眠」を十分に取れるよう、出発の前日は成田空港近隣のホテルに泊まりましたが、これが思いのほか身体には楽でその後の行程をスムーズにしてくれました。

 

積算マイルとFOP

今回、オットはPYで就航キャンペーンに伴いお得に飛べたと思います。

さらにマイルで往復Cクラスへアップグレードしてあげました。

なんせ42.195K走るのですから、身体壊して再起不能になっては困りますからね。

 

私は経費削減でいっちばんお安いQクラス(;^_^A アセアセ・・・

 

オット

PY クラスI FOP16,074 単価10.8円

 ↓   積算マイル33,600マイル

  (ダブルマイルキャンペーン分&ダイヤのボーナスマイル130%含)

 C    特典40,000マイルでアップグレード 

   (2017年度アップグレードディスカウントキャンペーンで

    後日6,000マイル返却予定)

 

私 

  クラスQ FOP4,582 単価18.45円

   積算マイル 6,260マイル(JGPのボーナスマイル105%含)

   ※Qクラスはダブルマイルキャンペーン対象外

 

二人積算マイルを合わせると約40,000マイル加算されオットのアップグレードに使用した分が回収できました。

 

それと、私だけが抽選に当たりJALさんよりオーストラリアのワインを6本頂きました。

こちらのワイン、中々美味しかったですよ。

f:id:madamecobu:20170930185321j:plain

 

この度の旅のダイジェスト 

このような弾丸でしたが、お陰様でお天気にも恵まれて、内容濃すぎの楽しい旅となりました!

今回、二度目のメルボルンの上、滞在日数が短いのワイナリーツアーとメルボルンマラソンだけがメインとなりますが次回から少しずつ旅行記を綴らせて頂きます 

 

まずは、いくつか写真を。

 

街中の美しいアーケード

f:id:madamecobu:20171016213234j:plain
f:id:madamecobu:20171016213650j:plain
街中の美しいアーケードと美味しかったフラット・ホワイト

 

ワイナリーツアーについては後日、じっくりとアップさせて頂きますね。

f:id:madamecobu:20171016212912j:image

 

f:id:madamecobu:20171016214120j:image

 

そして、オージー達と共に盛り上がったメルボルンマラソン。

応援側の私も楽しみました!

そしてオットのタイムは如何に???

 f:id:madamecobu:20171016212516j:image

f:id:madamecobu:20171016214157j:image

 

ラストはカンタス航空のファーストラウンジで💛

f:id:madamecobu:20171016214414j:image

 

そしてサプライズ🎉

帰路の便、わたくし、Y→Cへインボラを頂きました。

JGP4年目にしてロングフライトでは初めてのインボラです。

787のスカイスイーツ、快適でした!JALさまに感謝です。

f:id:madamecobu:20171016214647j:image

 

それでは、次回から拙い旅行記ですがお付き合い頂けたら幸いです💛

 

 

 

JAL 工場見学 SKY MUSEUMに行ってきました。

お天気にも恵まれた(暑すぎ💦)三連休でしたが、皆さま、如何過ごされましたでしょか?

10月の三連休と言えば、ここ数年は修行の追込みで飛んでいましたが、今年は既にオットのダイヤ防衛も到達し、久しぶりにお空を飛ぶことなく過ごしております。

丁度の三連休の真ん中の日に念願のJALの工場見学へ行ってきました。

 

 ★目次☆

工場見学の申し込みはJALのHPから

今回、私が申し込んだのは参加する為に特典(マイル)交換が条件の見学ツアーです。

JALのHPのマイレージバンクのサイトに掲載されています。

開催日時等が載っていますので、参加希望の日程のボタンをポチっとして特典交換条件に申込完了です。

 

f:id:madamecobu:20171009210748p:plain

www.jal.co.jp

コースは2種類。

・スタンダードコース(100分)  お一人様2000マイル

・ナイトサファリコース(120分) お一人様3000マイル

 

違いは見学時間や特典の交換数の通り、ナイトサファリコースは整備士自らガイドとして航空機の整備についての説明をより詳しく受けられるようです。

断然こちらの方が興味がありましたが、平日の夕方から開催で仕事を早退しないと間に合わないので見送り……。

 

今回、休日に開催されたスタンダートコースに参加してきました。

 

f:id:madamecobu:20171009213836p:plain

実際は順番が違っていました"(-""-)"

1.航空教室 2.展示エリアの見学 3.格納庫見学の順でした。

 

特典交換を必要としない無料の見学ツアーもあります。

実はこちらとは別にJALが社会貢献活動の一環として、無料のJAL工場見学~SKY MUSEUM~を実施しています。

JAL - JAL工場見学〜SKY MUSEUM〜

見学は特典交換のスタンダートコースと全く同じだそうです。

実際、見学が行われる日時も全く一緒ですが、最初に航空教室が行われる部屋が分かれていて、その後の格納庫の見学も部屋毎のグループで行動します。

 

なぜ、特典交換のコースにしたの??? だって、欲しかったんだもん💛

はいっ、単純にこちらのキーホルダーが欲しかったのです。

国内線ファーストクラスで使用されている革で作られたJALオリジナルグッズ!

これ欲しさ故に、我が家にとって貴重な修行経費(eJALポイント)となるマイルをつぎ込んでの参加となりました。

f:id:madamecobu:20171009214509p:plain

それと実際、格納庫見学時にわかったのですが特典交換のコースだと各回限定20名に対して、無料の方は倍ぐらいの人数がいたようです。

爆音響き渡る格納庫での説明は担当してくださるガイドの方は拡声器を使用されるのですが、少人数の方が説明が聞きやすい上、広い格納庫内の移動もスムーズのように感じました。

 

いざ、見学~!

 会場はモノレール駅の「新整備場」駅、徒歩3分のJALメインテナンスセンター1建物内になります。

 

受付時には申込者のJALカードもしくはJMBカードと本人確認資料(免許証や保険証)の提示が必要とされますので、お忘れなく。

 

f:id:madamecobu:20171009215844j:image

 

受付でこのような入館証がもらえます。

無料見学ツアーなどの方たちとはストラップの色が異なっており、今回特典交換の私たちは白のストラップでした。勿論、終了後はお持ち帰りOKです。

f:id:madamecobu:20171009220112j:image

 

会場となるフロアのエレベーターから降りると、この光景を目にテンション上がります!

f:id:madamecobu:20171009072540j:plain

 

ますは指定された教室(?)で映像を見ながら航空教室です。

特典見学コースは定員20名なのでお部屋もガラガラ、ゆったりとしています。

今回、参加された方々をみると親子連れの方もいましたが、ほとんどが大人の方たちでした。

f:id:madamecobu:20171009072337j:image

最初に 担当の説明してくださる方(ガイド)より「写真・ビデオ撮影に関するお願い」という事でお話があり、その後に空港や航空機の説明になります。

 

こちらの資料も頂けます。

f:id:madamecobu:20171009072410j:image

 

教室には現物も展示されていました。

f:id:madamecobu:20171009072444j:image

 

 航空教室の後は、展示コーナーの見学&売店でのショッピング&トイレタイムとなりますが正味20分間しかありません。

展示物はJALの歴史年表や皇室所縁の展示など興味深いものがあり、見学するのに全く時間が足りませんでした(*´з`)

 

また、CAやパイロットの制服を着て写真を撮るなどいくつかの体験コーナーもありますが、無料見学コースと思われるキッズ達に占領されていました(;''∀'')

f:id:madamecobu:20171009072621j:image

 

展示コーナーの脇に売店にも大急ぎで寄りました!

多分空港で売っていると思うのですが、こちらの売店で購入すると少しお安いそうです。

因みに現金払いのみ。

f:id:madamecobu:20171009072826j:image

 

で、こちらのバッグを購入してしまいました(;''∀'')

何気に内側にワンワールド加盟エアラインのマークのリボンが可愛い💛

f:id:madamecobu:20171009073902j:plain

左がボーイング787バージョン。右がCAのシロちゃんバージョン。

 

最後にメインとなる格納庫の見学です。

とにかく大きいと言うか、広いです!

f:id:madamecobu:20171009072949j:image

 

足場に囲まれた機体。f:id:madamecobu:20171009073004j:image

 

国内線Fクラスのシートが置かれていました。

余談ですが、一昨年までJGP以上になると国内線Fクラスの無料アップグレード券が二枚頂けたので、毎年、沖縄線で使わせて頂きました。

今年からそのサービスは打ち切りとなり淋しいです。

f:id:madamecobu:20171009073841j:image

 

いよいよ航空機が置かれているフロアに降りていきます。

その際、赤いヘルメットがわたされます。

f:id:madamecobu:20171009073128j:image

 

奥に見える機体はボーイング787。

その手前に見学ツアーの参加者の方々いるのですが、ご覧の通り格納庫は本当に広大な広さです。

f:id:madamecobu:20171009073142j:image

 

この機体は定期メンテナンス中とのことです。エンジンがパカっと分割されています。

f:id:madamecobu:20171009073303j:image

 

翼の上を整備士さんがバランスを取りながら歩いていました。

f:id:madamecobu:20171009073322j:image

 

こちらはボーイング737。担当ガイドさんの話で足場に囲まれていないので恐らく不具合で整備されているのだろう、とのこと。

リアルにメンテナンス中で、時折、エンジンの爆音が響き渡っていました(;''∀'')

f:id:madamecobu:20171009073623j:image

 

格納庫の前は、勿論滑走路です。滑走路Aになります。

これからメンテナンスを受けるボーイング787が駐機していました。

f:id:madamecobu:20171009073723j:image

真正面からのお姿💛

f:id:madamecobu:20171009073750j:image

 

滑走路Aですので間近にランディングを見ることができます!

展望デッキでの上からみるのとはまた違って見え、地上で、しかも目の前で見るのは大迫力でした。

私はiphoneで撮ったので、この程度の写真ですが、マニアの方には堪らないポジションでしょうね。

ただ、お昼時は逆光になるので、午後のコースの方が写真が綺麗に撮れるかもしれません。

f:id:madamecobu:20171009073455j:image

 

地面にある三本のレール手前で暫し見学します。

D滑走路に向かう航空機も通ります。

丁度、エバー航空のサンリオキャラの飛行機が通り、とってもキュートでした。f:id:madamecobu:20171009073529j:image

 

そして、頂いた念願のキーホルダー💛

本当に国内Fクラスのシートと同じ革(のよう)!

結構、厚みがあって、しっかりしています。

家の鍵に付けようかと思いましたが雨に弱い、とのこと。

暫くは家の中で飾っておこうと思います('◇')ゞ

f:id:madamecobu:20171009073812j:image

 

 

以上、JAL工場見学でした。

航空教室では、なぜ飛行機が飛ぶのか?って科学のお勉強まで出来て充実した内容でした。

この日は10月だというのに夏日で、滑走路に面して開けっぴろげの格納庫は一応冷房環境もあると思うのですが、暑かったです。

なので、整備士の方々の背中を見ると作業着に大きな汗のシミが……。

そんな環境の中、安全を守るために懸命に働く整備士の方々の姿に感動しました!

また、私たちが参加した特典見学コースのガイドを担当してくださった方は整備士の方のようで、詳しく且つユーモアある説明で楽しい見学会となりました。

終了後はメインテナンスセンターのゲートまで見送りくださり、心温まるおもてなし!

これからも、ずっとJAL乗ります!

 

11月の見学コースもまだお席に空きがあるようですので、興味のある方、(キーホルダーが欲しい方)是非、参加されてみてはいかがでしょうか。

 

チャンスがあれば、ナイトサファリコースにも参加して、もう一個!なんて考えている私でございます。

 

羽田空港1タミに気になるものが……。

終了後は花田空港第一ターミナルへ行ってみました。

いつも忙しなくラウンジに直行、っていうか早朝なので店が開いていない…。

人気のスイーツ店など見たりしました。

 

そうそう、ずーっと以前から気になっていた羽田空港紀伊国屋(モノレール改札口前)の限定エコバッグ。この飛行機マークが気になっていたのですが、お値段を見て断念しました( ノД`)シクシク。

f:id:madamecobu:20171009073910j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JAL で Hawaii ! マウイ島へ行ってきました!それとJALさんからの贈り物。

今日で9月も終わりですね。

暫くブログをご無沙汰をしておりましたが、先々週から一週間遅めの夏休みでマウイ島で過ごしてきました。

 

やはりハワイは何度行っても良いですね。

大自然が素晴らしいです!

行くたびに魅了されています。

これは私たち夫婦だけに限ったことではなく、かれこれ10年程前にブログを通じて知り合ったハワイ友、皆そうです。

誰一人飽きることなく、現在もハワイ通いを続けております。

ハワイ歴40年近い大御所によれば「ディープなハワイを知れば知るほどハマって行くのよ」とのことです。

 

実はハワイへ行く前に「旅の準備」なんてテーマでブログをアップしたかったのですが、出発1週間前からまさかの体調不良(;^_^A アセアセ・・・。

長期休暇の前に仕事を休むわけにもいかず、荷造りもしなくちゃならいし…と、気力でなんとか出発まで辿り着けましたが、ハワイへ行った途端に元気ハツラツ~♪

お陰様で楽しく過ごしてきました。

 

マウイのカアナパリのビーチで泳いで真っ黒に焦げてしまいました。

f:id:madamecobu:20170930185235j:image

 

十数年かけて通ったハワイ、私たちなりに得た情報がお役に立てばと、これからマイペースでブログに残せたらと思っているのですが、帰国してやっと時差ボケも解消、旅の片付けも終わったと思ったら、来月メルボルンへ飛ぶ準備が待ち構えていました(´;ω;`)

 

メルボルンと言えば、ハワイへ出発する前にJALさんからワインを頂きました。

メルボルン線発券者への抽選のプレゼントに、私が当たりました。

南オーストラリアのバロッサ・ヴァレイの5スターワイナリーのものらしいです。

メルボルン線就航開始日の9月1日に羽田や成田のラウンジでもオーストラリア、ビクトリア州のワインが振舞われたそうですが、それとは別物のようです。

JALさん、ありがとうございました。

秋の夜長、オットと頂きます。

f:id:madamecobu:20170930185321j:image

 

そんな事もありまして、また暫くはメルボルンへの準備となりそうです。

2泊4日間と言えど、オットのフルマラソンの大会、ワイナリーツアー、現地の方との交流と盛沢山な旅となりそうです。

万善な体調で旅のスケジュールこなすために綿密な準備も必要なので、暫くはそちらに集中します(笑)

 

落ちたついたら、ハワイ旅行記でもアップさせて頂こうと思っておりますが、まずはダイジェストとして写真をちょこっと。

 

まずは、行きの成田で屈折9か月、やっと中トロウィークが巡ってきました!

以前の中トロと比べると………ですが、天身より数段美味しいかったです。

そして、最後となる有人マッサージを堪能してまいりました。

f:id:madamecobu:20170930185402j:image

 

マウイ島はお天気恵まれました。

宿泊したWestin Ka'anapali ocean resort villas

こちらはタイムシェアになります。自炊、洗濯しながら1週間過ごしました。

f:id:madamecobu:20170930185520j:image

 

レンタカーを借りてドライブ。

勿論、ドライバーはわたしく(^^♪オアフ島と違ってネイバーアイランドは運転しやすいです、

f:id:madamecobu:20170930185606j:image

 

3000M超えるハレアカラの頂上まで車で上っています。

写真はクレーターの中。

f:id:madamecobu:20170930185809j:image

 

マウイでの新スポット。

キヘイに出来たMaui Brewing Co.の工場で工場見学してビールを頂いてきました。

ワイキキにも最近お店が出来ていましたね。

f:id:madamecobu:20170930185956j:image

 

ロケーション抜群のカパルアにあるMerrimansでサンデーブランチしてきました。

f:id:madamecobu:20170930190215j:image

 

そして毎日、美しい夕日を眺めていました。

f:id:madamecobu:20170930203103j:image

 

最終日はワイキキに一泊して、最近出来たレンタサイクル「BIKI」を体験してきました。ハワイのサイクリングは風が気持ち良かったです。

f:id:madamecobu:20170930190251j:image

などなど、まだ色々とあるのですが時期おいおいと。

 

今回のハワイのフライトでオットは無事にダイア防衛達成しました。

私は年末にサファイアの予定です。

そして、本日、またもやJALさんからの贈り物が。

オットに緑の亀タグを頂きました。

生涯マイルのうち国際線飛行マイルが25万マイルに到達したんですね。

まぁ色々と思うことはありますが、オットは嬉しそうですし、私も欲しいな(笑)

因みに私は来年頂けそうです(^^♪

f:id:madamecobu:20170930190409j:image 緑亀=2スターになるのですが、これでは少しはインボラの確率が上がるのでしょうか?

ダイア&JGP4年目でもインボラには縁がない二人です。

(オットは仕事で出張の場合は何度かありましたが中国などの短距離路線です)

 

今回も往復、エコノミー45列目でした。

 f:id:madamecobu:20170930203031j:image

 写真を見ていたらハワイへ戻りたくなりました( ノД`)シクシク…

I miss Hawaii.

修行には向かないハワイですが、来年はハワイへ沢山行けるように、ちょっと研究してみようかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

JAL で Hawaii ! 来週からマウイ島へ行ってきます!

f:id:madamecobu:20170907205333j:image

早くも9月、今年も残すところ四か月となってしまいました。

例年ですと、これからJAL修行の追込みにはいるのですが、今年はFOP2倍キャンペーンで現在オットは残すところダイヤまで300FOPのみです。

(7月の秋田でなると思っていたら計算間違いでした(;''∀'')

 

今年は3月と8月だけは空を飛んでいないので、来週の一か月ぶりのフライトが楽しみです。

行先は大好きなHawaii🌈

f:id:madamecobu:20170907201210j:image

今回は修行でなく、かれこれ15年程、毎年続いている我が家の夏のバカンスなのです。

 

この時を楽しみにして夫婦共働きで一年頑張って働いております。

滞在先はホノルルでトランジットして、いつもネイバーアイランドと呼ばれているマウイ島やカウアイ島へ飛び一週間を過ごしています。(時々、ハワイ島も)

 

ワイキキのようなお洒落で華やかさはないですが、ネイバーアイランドの素朴さが好きですし、そして何よりも素晴らしい大自然が数々の絶景を見せてくれるのです。

f:id:madamecobu:20170907202313j:image

カウアイ島 カララウ渓谷の展望台からの絶景

 

f:id:madamecobu:20170907203345j:image

 マウイ島 カアナパリビーチからの夕日

 

一週間、海で泳いだり、山へトレッキングしながら大自然の中に身を投じ、時にはチャレンジ⁈もしながら童心に返れるハワイは私たちにとって、かけがえのない場所でもあります。

そのかわり太陽のもとで毎日、Tシャツ、短パン&水着で真っ黒にもなりますが

(;^_^A アセアセ・・・

 f:id:madamecobu:20170907203543j:image

 カウアイ島 ハエナビーチ

 

昨年はカウアイ島で8泊過ごしましたが、今年はマウイ島で7泊とワイキキに1泊の旅程です。1泊ですが2年ぶりのワイキキも楽しみです。

私が学生時代の時に両親に連れられて初めて訪れたハワイがマウイ島だったので思い出の地でもあります。

当時、西欧&米国ばかりに憧れハワイなんてって見向きもしなかったのですが、それ以来すっかり魅了されてしまいました💛

 

今回のマウイ島は記念すべき10回目の滞在になります。

(1回は両親と、残りの9回はオットとです)

何度訪れても飽きることがなく、今度はどんな新たな発見があるだろうかと、今からワクワクしています。

 

ハワイというと、日本人の皆さんは先ずは「ビーチリゾート🌴」と思い浮かべる方がほとんどだではないでしょうか。

確かにネイバーアイランドには世界屈指の素晴らしいリゾートホテルが並んでいます。

f:id:madamecobu:20170907203746j:image

 今回滞在予定のWestin Ka'anapali ocean resort villas

 

しかし、ハワイは山も素晴らしいのです。

ワイ島の4000Mを超えるマウナ・ケアは頂上まで車で上ることができますし、カウアイ島のナ・パリコーストは絶景のトレイルコースが幾つもあります。

f:id:madamecobu:20170907202824j:image

 昨年トレッキングしたカウアイ島 ヌアロロトレイル

 

そしてフラカヌー、生花であしらったレイなどハワイ独自の文化もあります。

今はアメリカ合衆国の50州の1つですが、属州になる以前はハワイ王国という一つの国でその歴史も興味深いのものです。

f:id:madamecobu:20170907202953j:image

フラをダンスするハワイアンの少女

 

f:id:madamecobu:20170907204059j:image

 ハワイ史の宝庫 オアフ島 ビショップミュージアム

 

そうそう、日本からは移民としてハワイに移り住み、彼らの弛まない努力の形跡が今も見られることも多々あります。

例えば、日本の苗字のお店など。マウイ島のハセガワジェネラルストアなんて有名ですね。

f:id:madamecobu:20170907203202j:image

 マウイ島 ハナにあるハセガワジェネラルストア

 

それとティスト オブ  ハワイも旅の楽しみの1つです。

ハワイの地で取れた食物や生まれた味。

f:id:madamecobu:20170907204320j:image

 マウイ島 サムズ・サトウのドライサイミン

 

f:id:madamecobu:20170907212008j:image

カウアイ島 ファーマーズマーケット

 

修行ルートには余り効率の良いものではなく、ちょっと修行の話からそれてしまいますが、ハワイ旅行記として、これから少しずつハワイの事をアップ出来たらなぁと思っています。

ご興味ある方、是非お付き合い頂けたら幸いです(^^)/

あっ、勿論、JALで飛びますよ!(タイトル通り)

*今回のこちらの写真は全て、昨年、一昨年私が撮ったものです。